実践 電気工事|エアコン取付工事(真空作業)

スポンサーリンク

実践 エアコン取付工事(真空作業)

エアコン取付工事で大切な真空作業

前にご紹介したエアコンの取付工事の中のフレア加工が終わり
冷媒管の接続が終わったところで行うのが
今回ご紹介する真空作業になります。

 

地球のオゾン層破壊による紫外線量の上昇が叫ばれてから
以前のR-22フロンガスの使用が無くなり、
現在のエアコンは、R410やR407と呼ばれる代替フロンガスが使用されています。

 

この代替フロンガス使用エアコンは、取り付け説明書にも記載されているように
真空ポンプ使用が、標準工事として指定されていますので、
この真空作業は、省くことが出来ない作業となっています。

真空作業とは

 

エアコン取付工事の中でも、省くことの出来ない大切な作業です。

 

ではなぜ真空作業は必要なのでしょうか?

 

先に述べたように、標準取付作業手順として指定されているのは勿論ですが
この真空作業を行うことで、接続した冷媒配管内の湿度と空気を除去し、
エアコンの心臓部であるコンプレッサーを守る意味があるのです。

 

この作業を怠ると、機械不良(コンプレッサー不良)などの原因となり
お客様とのトラブルの原因ともなりかねません。
また、故障によるメーカーサービスの際、
設置不良による、保証対象外とされる場合もあり、
設置者にその請求がなされる場合もありますので、ご注意を!


真空作業手順

 

それでは、真空作業の手順をご紹介しておきましょう。

 

この真空作業に必要な工具は、

  • 真空ポンプ
  • マニホールドもしくは真空ゲージ

になります。

 

上記の必要工具の確認は、エアコン工具のページで確認してください。

 

接続方法は、下記の画像をご覧ください。

 

真空ポンプ接続図

 

この画像は、ルームエアコンを例に接続図を描いています。
ちなみに、この画像は、JW_cadで描きました。
JW_cadを使えば、このように接続図のようなものも簡単に描くことが出来ます。

 

少し話が脱線してしまいましたね(反省

 

 

接続方法は、画像のようにマニホールドを使用する場合は、

 

  1. 『Lo』 サイドの接続口に接続し、もう一本は、ニュートラルバルブへ接続してください。
  2. 『Lo』 バルブ側のチャージホースをエアコン室外機のサービスポートに接続し

    ニュートラル側チャージホースを真空ポンプに接続して準備は完了です。

 

接続が完了したら、真空ポンプを運転し、真空作業を開始します。

 

真空ポンプ運転後、『Lo』 バルブを開放すると
マニホールドのゲージが “0” 点から “−” 方向へ動きます。

 

“−” 方向いっぱいにゲージが動いたら、一応真空になったとゆうことですが
ここで、真空ポンプの運転を止めず、そのまま運転を続けてください。

 

そうすることで、冷媒管内の湿度が除去され、完璧な真空状態を得ることが出来ます。
この作業は、冷媒管の配管長にもよりますが、
一般的には、10分程度と考えていただければと思います。

 

約10分程度放置した後、『Lo』 バルブを閉鎖し、真空ポンプの運転を止めてください。

 

この状態で、10分〜15分放置します。

 

その後、マニホールドのゲージを確認し、
ゲージが動いていなければ、これで真空作業は完了です。

 

 

万が一、マニホールドのゲージが戻っている場合は、
配管接続に問題があり、密閉されていないとゆうことです。

 

前の記事のフレア加工で私の実例をあげておきましたが、
あの例が、まさにこの状態だったのです。

 

解決方法は、接続部分の確認を行い、問題のある箇所をやり直し、
もう一度、真空作業を行ってください。

 

 

ご覧いただきましたように、真空作業には、
機械保護の観点と、接続確認とゆう重要な目的があるのです。

 

真空作業をしっかり行うことで、機械トラブルを未然に防ぐことも出来ますし、
仮に、ほかの原因でメーカーサービスを利用した際にも
設置不良とゆうことにならず、保証が適用されますので、
お客様とのトラブルになることもありません。

 

まあ、普通に手順を守って作業すれば、
エアコンは問題なく設置できるとゆうことですね^^

 

あとは、エアコン室外機のバルブを開放して、試運転を行って完成です。

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

TOPに戻る

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
TADA-Counter
ケアプロスト