実践 電気工事|金属電線管のS字曲げ加工方法

スポンサーリンク

実践 電気工事 金属管のS字曲げ加工計算

S字曲げの始点から終点までの計算方法

S字曲げ加工の始点から終点の求め方のご質問をいただきました。

 

S字曲げ加工の簡単な計算方法は、ご紹介しておきましたので
ご理解いただけているものだと思いますが、
ご質問の、30mmの上げ寸法では、最小寸法を下回るため、
私が紹介した簡単な計算方法では、寸法不足となってしまいます。

 

そこで、上げ寸法が小さく、ハイヒッキーで加工できない場合などには、
上げ角度を変更しなくてはならない場合もでてきます。

 

本編のS字曲げ加工で紹介しているように、
電線管の端から、始点までの75mmとゆう寸法は、
19のハイヒッキーで加工する場合のほぼ最小寸法ですから、
この寸法より短い場合には、S字加工を施すことが出来ません。

 

実際には、70mmが最小寸法とゆうことになりますので、
ここでは、70mmを基本とした、計算方法を紹介しておきますので、
参考にしてください。

始点と終点間を求める考え方

 

私のサイトでは、あくまで実践的な電気工事の方法を紹介していますので
今回のような、計算式を紹介することは、ほとんどありませんが、
疑問をお持ちのみなさまの少しでもお役に立てればと、
ご質問者様に解答する形で、掲載させていただきます。

 

私が紹介した簡単な計算式だと、角度30°の曲げ加工の場合、

 

高さ×2倍= となりますから、
30×2=60mm となりますから、最小寸法を下回ってしまいますので
曲げ加工を行うことが出来ませんよね ┐( ̄ヘ ̄)┌

 

そこで、始点から終点までの寸法を 70mmとして、計算しなおします。

 

考え方としては、『三平方の定理』を利用して計算します。

 

三平方の定理

 

ご覧のように、直角三角形をイメージしてください。

 

b(高さ)が30mm、c(徐辺)が70mmの直角三角形から、
三平方の定理』を使って、θ(角度)とa(底辺)を割り出します。

 

まず、底辺を割り出します。

 

計算式は、a=√c^2 - b^2となります。

 

この計算式から、
70^2 - 30^2=4900 - 900=4000 となり、
a(底辺)の長さは、√4000となります。

 

計算すると、63.2455320…とゆうことですから、
a(底辺)の長さは、約63mmだと解ります。

 

これで、図のような直角三角形が描けます。

 

次に、曲げ角度を求めます。

 

計算式は、θ=sin b/cですから、

 

30÷70=sin 0.4285714…とゆうことになります。

 

したがって、θ(角度)は、約25°となります。

 

c(徐辺)を求める場合の計算式は、

 

c=√a^2+b^2となります。

 

この計算式から、
63^2+30^2=√4869となり、
これを計算すると、69.778220…となり、
c(徐辺)の寸法が、約70mmであることが求められます。

 

とまあ、こんな感じですが、
実際に現場作業中にこんな計算をしている暇もありませんから、
本文中で、簡単な計算方法を紹介しているんです。

 

どうしても、計算したいと思うんでしたら、
関数電卓を利用すると、簡単に計算することが出来ますよ^^

 

 

 

ここで、パソコンのアクセサリーの中にある、電卓を使って
関数計算を行う方法を紹介しておきましょう。

 

スタートメニュー ⇒ アクセサリー ⇒ 電卓を選択します。
すると下の画像のような電卓が現れます。

 

関数電卓

 

a(底辺)を計算する場合は、整数の二乗計算をして
オレンジの√をクリックすると、a(底辺)寸法が出ます。

 

関数電卓

 

 

θ(角度)の計算は、整数の割り算をして、出た答えに
下の画像のようにクリックすると、、θ(角度)が出ます。

 

関数電卓

 

関数電卓を使うことで、現場でも簡単に計算することが出来ますから
自分で計算したい場合に、活用してくださいね(^_−)−☆

 


まとめ

 

各計算式は、下記を参照してください。

 

  • c(徐辺)c=√a^2+b^2
  • θ(角度)θ=sin b/c
  • a(底辺)a=√c^2 - b^2

 

この『三平方の定理』は、いろいろ使えますから、覚えておくと便利ですよ。
例えば、構内柱の支線の長さを求めたりすることも出来ますから、
図面を作成するときにも利用できますからね^^

 

関数電卓も安くなりましたから、一つ持っておくと、とっても便利ですよ^^

 

 

電気工事に使う工具をお探しなら下記サイトをご覧ください。

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

TOPに戻る

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
TADA-Counter