実践 電気工事|金属電線管の支持方法(壁面編)

スポンサーリンク

金属電線管の支持方法(2)壁面編

ハンガーレールを用いた電線管の支持方法

金属電線管の支持方法について、
前回は、最もポピュラーな両(Ω)サドルとサドルベースを用いた方法をご紹介しましたが
今回は、複数の金属電線管をきれいに、尚且つ効率的に支持する方法です。

 

前回の最後でも紹介したように、両(Ω)サドルとサドルベースを用いた方法は、
複数の電線管を並べて配管する場合などには、
どちらかと言えば、不向きな支持方法ですから、
多くの電気工事士さんは、今回紹介する方法を用いておられると思います。

 

またこの方法は、幹線ケーブルなどの支持などにも応用できるので、
こちらでその方法を、しっかり習得してください。

ハンガーレールとハンガーサドル

 

電気工事士の間では、ハンガーレールと呼ばれていますが、
正式には、『パイプハンガー』と言います。

 

今回紹介するものは、下の図のようなタイプのものですが、
同様のものとして、ダクトハンガーなどもあります。
どちらを使用するにしても、施工方法は、ほとんど同じですから、
ダクトハンガーの施工方法は、省略いたします。

 

ハンガーレール

 

ご覧のように、ハンガーレールには、高さ25个里發里40个里發里あります。
使用する現場の状況などを考慮して、適時選択してください。

 

今回紹介する、ハンガーレールを使った電線管の支持方法は、
電気工事士さんが一番多く行っている施工方法だと思います。

 

実際、私もほとんどの場合、この方法で施工しますので、
この方法をご紹介させていただきます。

 

<使用材料>

  • ハンガーレール
  • 3分寸切りボルト
  • 3分ナット、ワッシャー
  • PSプレート
  • ハンガーサドル

 

<施工手順>

  1. 配管経路の確認を行い、全体の寸法をだす。
  2. 水平、垂直をだし、チョークラインで罫書く。
  3.   ※この際、ハンガーレールの天場に罫書くこと!

  4. ハンガーレール取付位置を罫書く。
  5.   ※アンカー打込み位置も一緒に罫書く。

  6. 建物に3分アンカー打込用の下穴を空ける。
  7. アンカーを打込み、ハンガーレールを取付ける。
  8. 電線管を持ち、ハンガーサドルで支持する。

 

ハンガーレール

 

ハンガーレール取付のイメージとしては、こんな感じです。

 

このように、ハンガーレールを電線管支持点各所に取付け、
ハンガーサドルで電線管を支持します。

 

それでは実際にハンガーサドルを使って電線管を支持している写真を交えて
その手順を解説していきましょう。

 

ハンガーサドル これが実物のハンガーサドルです。

お解かりのように、左右で一対となります。
そのうちの片方には、雌ネジがあり、
もう片方にはありません。

ハンガーサドル ハンガーサドルをハンガーレールに取付けるときには、

ハンガーサドル本体を少し斜めにして入れる。

ハンガーサドル 左右入れ終わったら、付属のビスで締付ける。

複数の電線管を並べるときは、
ハンガーサドルのビス方向を揃えること。

ハンガーサドル ショートタイプラチェットレンチなどを用いて

しっかりと締付ける。

 

電線管支持作業終了後が下の写真です。

 

ハンガーサドル

 

 

 

※電線管を締付けるときは、
  水平器などを使って、真っ直ぐになるように注意してください。
  水平、垂直がくるっていると、複数の電線管を並べて施工した際に、
  間隔がおかしくなり、手直しの対象となります。

 

このハンガーサドルのボルト締めには、
下の画像の『ショートタイプラチェット』が便利ですよ^^

以上が、壁面に電線管を支持する方法ですが、
みなさんお解かりいただけましたか?

 

ここで紹介した物のほかにも、いろいろな部材がありますから
現場に合わせて、チョイスするようにしてくださいね(^_−)−☆

 

これらの部材関連のメーカー、
南電機株式会社の関連ページを紹介しておきますので、ご覧ください。

 

南電機株式会社

(PDF)

 

施工方法なんかも、図解されているので参考になると思いますよ^^

 

 

電気工事に使う工具をお探しなら下記サイトをご覧ください。

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

TOPに戻る

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
TADA-Counter