実践 電気工事|レーザー墨だし器の使い方

スポンサーリンク

レーザー墨だし器の使い方(パルスレーザー編)

建込み配管などの墨だしには、レーザー墨だし器は必須です。

前回は、地墨ポイントを利用したレーザー墨だし器の使い方を紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

 

脚立や立馬などを使って、天井に直接罫書くのではなく、
床に地墨ポイントを罫書くのですから、作業的にも楽に行えると思います。

 

この方法なら、寸法を取るのも簡単ですし、
不安定な脚立や立馬の上で、スケールを伸ばす必要もありませんから
寸法も正確に測れるので、キッチリとした取付が行えます。

 

電気工事においては、照明器具やコンセント、スイッチなどの取付に関して
見た目も重要となってきますから、
正確な計測は、必須条件だと言えるでしょう。

 

その意味からも、レーザーを活用することは、
非常に重要だと私は考えていますが、
みなさんはどうでしょう?

 

さて今回は、パルスレーザーを使った墨だしの方法をご紹介いたしますので
みなさんの現場作業に活かしていただき、作業効率を良くしてください。

パルスレーザーの活用方法

 

レーザー墨だし器も進化して、
各メーカーから発売されているレーザー墨だし器の多くが
パルスレーザーを搭載しています。

 

昔のレーザー墨だし器には、無かった機能ですが、
このパルスレーザーが搭載されたお陰で、
昼間の屋外でも簡単に墨だし作業が行えるようになり、
RC造の建込み配管や屋外での露出配管なども正確に行えるようになりました。

 

パルスレーザーが無かったときには、
薄暗くなってから、墨だし作業を行って、
翌日、建込み作業や露出配管作業などを行っていましたが、
やはり作業効率を考えると、無駄な作業をしていると感じていたものです。

 

ですから、私はパルスレーザー搭載の墨だし器が発売されたとき、
すぐに購入したのです。

 

今では、当たり前になったパルスレーザーですが、
発売当初は、非常に高価で、痛い出費でしたが、
作業効率や無駄な経費を考えたら、決して高い買い物だとは思いません。

 

実際、RC造などの建込み配管作業の時間も短縮されていますし、
その仕上がりもバラつきが無く、手直しもほとんど無くなりましたから
その後の電気工事もスムーズに進むので、
無駄な人数を入れることもありませんから、
経費の削減にも寄与していると思います。

 

こんな便利なパルスレーザーですが、
使いこなさなくては、宝の持ち腐れです。

 

ですので、パルスレーザーを活用して、
現場作業を効率よく進めるための使い方を紹介いたします。

 

レーザー墨だし器の使い方(地墨編)で紹介しているように
パルスレーザーをフル活用するには、レーザー受光器が必要です。

 

さらに、専用三脚も必需品といえるので、
もしこれからレーザー墨だし器を買うのであれば、
これらがセットになったものを購入されることをおすすめいたします。

 

ちょっと余談になってしまいましたが、
それでは、実際にパルスレーザーを使っている写真などを交えて
墨だし作業の方法をご紹介いたしましょう。

 

前回同様、ダウンライトの墨だし作業を例に説明します。

 

地墨ポイントを使った墨だし方法を紹介しましたが、
あの方法では、全ての地墨ポイントを1箇所づつ測らなくてはなりませんが
今回は、パルスレーザーを使って、一人で簡単に直線を出す方法です。

 

まず、下の図をご覧ください。

 

地墨

 

まず最初に、両サイドにセンター墨をつけます。

 

次に、片方にレーザー墨だし器をセットし、
もう片方に、レーザー受光器をセットし、
レーザーの位置を調整して、センターを出します。

 

レーザー

 

その際、レーザー受光器のランプが点灯し、
ズレている方向を知らせてくれるので、簡単にセンターを出すことができます。

 

レーザー

 

ご覧のように、左右にずれている場合は、赤いランプが点灯し、
センターの場合は、青いランプが点灯します。

 

これで、長い距離の直線も簡単に墨だしが可能です。

 

当然、レーザー光は、天井面にも照射されているので、
天井面に同じように印しを付け、
後は、墨つぼを使って、直線を描くか、
水糸を張るなどすれば、簡単に天井面に直線が引けます。

 

この方法を利用して、RC造の建込み配管時の、
高さを出すこともできますから、
スイッチボックスやコンセントボックスの取付に利用できます。

 

その際には、専用の三脚を使うと便利です。

 

仮に、コンセント取付高250mm、スイッチ取付高1.250mmだとして
レーザーの基準高さを1.000mmにセットすれば、
コンセントの場合、-750mmでコンセント取付高が揃い、
スイッチの場合、+250mmで取付高さがそろいます。

 

これも、レーザー受光器を使って、壁面の両サイドに墨をだし、
そこから水糸などを張れば、後はドンドン作業を進めることができます。

 

このように、パルスレーザーを使えば、
長い距離の直線をだすのも、明るいところでの墨だしも簡単に行えるので
電気工事が中断することなく、効率よく行えるとゆうことです。

 

電気工事で使うのであれば、
パルスレーザー搭載のレーザー墨だし器にするほうが、作業の流れを考えても
断然効率的だとゆうことがご理解していただけたと思いますが、
みなさんのお考えはいかがでしょうか?

 

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

TOPに戻る

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
TADA-Counter
ケアプロスト