実践 電気工事 | 戸建住宅アンテナ工事

スポンサーリンク

実践電気工事(戸建住宅アンテナ工事1)

基本的なテレビ受信システム

テレビ受信システムと言うと、何だか難しいように聞こえますが、
アンテナ工事といえば、「な〜んだ」とゆう感じでしょ^^

 

地上デジタル放送に移行して、久しいですが、
移行前には、駆け込みでのアンテナ設置や、
地デジ調整などが多くありました。

 

このときには、普段アンテナ工事をあまり行わないところにも
依頼が多くあったと聞いています。

 

でも、受信システムを知らなければ、
このような工事を受けることもできず、
みすみすチャンスを逃してしまうことになってしまいます。

 

ちょっとした知識を持っているだけで、
仕事の幅が広がり、
お客様からの信頼度もアップすることになり、
その後の、受注につながることも考えられますから、
やはり、少しでも幅広い知識を持っておくほうがいいと思いませんか。

 

まあ、どこまで受注につながるかは、解りませんが・・・

 

とりあえず、一番簡単な戸建住宅における、
テレビ受信システムを紹介しましょう。

戸建住宅TV受信システム

 

まずは、下の接続図をご覧ください。

 

アンテナ受信システム系統図

 

上のシステム系統図を実際に設置した写真が下のものになりますのでご覧ください。

 

アンテナ受信システム系統図

 

ごく簡単な接続図ですから、
みなさんお解かりだと思いますが、改めて、解説しておきます。

 

紹介しているシステム接続図は、
地上デジタルアンテナとBS/CS110°パラボラアンテナを使用した
一般的なアンテナシステムになります。

 

通常の戸建住宅の場合、
上の接続図のように、地デジとパラボラアンテナを
立てているのが一般的だと思います。

 

この場合、地上デジタル放送と衛生放送の異なった電波を受信し、
それを、混合して一本のアンテナケーブルで、
伝送しなくてはなりませんので、
UHFとBSが別入力のブースターを取付けなくてはなりません。

 

 

 

一般の方は、ブースターを取付ければ、
どんなところでもテレビは、映るものだと思っておられますが、
ブースターは、電波の減衰率を抑えるものであって、
電波状態を改善するものでは、ありませんから、
受信状態が極めて悪い場合には、映像を映すことはできません。

 

あくまで、現状の受信状態を保つためだけのものですから、
アンテナの設置場所をよく考え、
最良の受信状態を確保することが、最も大切です。

 

現状のデジタル放送の場合、
受信状態が悪ければ、まったく映りませんから、
その状態で、いくらブースターを使っても
映らないものは、映りません。

 

ただ、ギリギリのレベルで受信している場合には、
ブースターを使うことで、減衰率を抑えられるので、
映像を映すことができるとゆうことで、
仮にブースターを使わない場合は、
アンテナケーブルを伝送してくる間に、
電波状態が悪くなり、テレビ端子部分では、
受信レベルを下回ってしまうとゆうことです。

 

ブースターについてご理解いただけましたか?

 

ブースターは、万能ではありませんから、
あまり過信しないことです。

 

さて、次に取付けるのが、分配器です。
文字通り、電波を何箇所かに分配する機器です。

 

 

 

この分配器を使わず、配線する方法もありますが、
戸建住宅の場合、私はおすすめいたしません。

 

分配器を使わない場合、中継テレビユニットを使いますが、
この数が多くなれば、
中継ユニットから下のテレビユニットでは、
信号レベルが下がってしまいますから、
途中までは、映っていても、
端末では映らないとゆうこともありますし、

 

それを解消しようとして、卓上用ブースターなどを取付けると
そこは、解消されたとしても、
他のところが映らなくなる場合もあり、
そうなると、対処が難しくなってしまいます。

 

ですから、基本的には、分配器を用いて、
各テレビユニットに単独で配線することをおすすめするんです。

 

この場合、減衰率は、ほぼ均等ですから、
ブースターのレベル調整で、
全てのテレビユニットの受信レベルを改善することができますから、
受信状態の改善も容易にできます。

 

このように、簡単なテレビアンテナの設置作業にも、
それなりの方法と知識が必要ですから、
もしご覧のみなさんが、アンテナ工事をされるのであれば、
こちらでご説明させていただいた注意点を考慮され、
最適なアンテナ工事を行うようにしてください。

 

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

 

TOPに戻る

実践電気工事(戸建住宅アンテナ工事1)関連ページ

実践電気工事(戸建住宅アンテナ工事2)

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
TADA-Counter
ケアプロスト