実践 電気工事|アース棒打込み工具

スポンサーリンク

アース棒打込み工具

アース棒打込みが楽になる^^

 

電気工事を行う上でアース(接地)工事が大切なことは、
日々、電気工事を行っているみなさんならご存知だと思います。

 

このサイトでも 『接地工事(アース)』 として取り上げ、
内線規定から抜粋して、その規定値などを紹介していますように
その規定値もA種〜D種までそれぞれに求められる値が違いますので
D種のように規定値が簡単に得られるものから、
A種のように求められる規定値が低いものまでさまざまですから
その工事方法も設置場所の状況や、地盤の状況によって、
最適な方法を選択しなくてはなりませんよね。

 

そんな大切なアース(接地)工事の中でも、一番シンプルな工事方法として用いるのが
アース棒の打込み工法ではないでしょうか?

 

でもこのアース棒打込み作業って結構疲れるものなんですよね(>_<;)
そんなときに、こちらの工具がおすすめですよ。

アース棒打込み工具

 

新築現場や既存の建物などさまざまな場面で行うアース(接地)工事ですが
現場で電気工事なさっているみなさんは、こんな経験はありませんか?

 

「順調に抵抗値が下がっていたのに、途中から下がらなくなった・・・」

 

こんな状況は、頻繁に起こることですが、
そんな状況でも、規定値まで下げなくては、受電することができないことになりますから
さまざまな方法を用いて、規定値を基準以下に下げなくてはなりません。

 

こんなとき、みなさんならどうなさいますか?

 

 

多くの場合は、打込む位置を変えてアース棒を打込むことになりますが、
この作業が本当に疲れるんですよね (>_<;)

 

真夏なら汗だくになりますし、冬なら手は冷たくなるし、その上、手でも叩こうものなら、
もう飛び上がるほど痛いですしね・・・

 

これだけ苦労して、測定してもまだ下がらないとなった時には、
本当にガックリ(_ _ )きちゃいますよね。

 

 

でも私は、そんな苦労はしていません (^^ )

 

その秘密は、こちらの工具にあるんです。。。

 

 

 

応援をお願いした職人さんが持っておられて、借していただいたのですが
これが期待以上に楽だったので、私もすぐに購入したんです。

 

それ以来、どんなに規定値が下がらない現場でも、
さほど苦労することなく、アース棒打込み作業を行うことができています。

 

使い方は簡単で、市販のチッパーにこの先端工具を取り付けて
後は、打込みたい位置にアース棒を立て、機械で打込むだけですから、
重いセットハンマーを振り回して、打込む必要もありませんから
本当に助かっています (^^ )

 

この工具を使いだしたら、もう馬鹿らしくて、手でアース棒を打込もうなんて考えられません。。。

 

この工具を使えば、一人で何本でも打込めますし、
アース棒が面白いように入っていきますから、
今まで嫌だったアース棒打込み作業が楽しく感じられるくらいです (^^ )

 

私は、市販の六角軸のものを使っていますが、
手持ちの機械がSDSシャンクのものでも、それようのものがありますから
みなさんがお持ちの機械に合ったものを選んでいただいて
辛いアース棒打込み作業とは、おさらばしてください。

 

ちなみにSDSシャンクのものは、下の画像のようなものです。

 

 

使う工具によって適合機種がありますので、こちらで確認するようにしてください。

 

※適合機種早見表はこちら

 

使える便利工具は使って、より楽に、より効率よく電気工事を行いましょう (^0^ )/

 

こんなに便利なものがあるのに、あなたは今までどおり、
辛く・・・ 疲れる作業を続けますか・・・

 

私は、もう嫌です!!

 

電気工事に使う工具をお探しならこちらをご覧ください。

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

TOPに戻る

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
TADA-Counter
ケアプロスト