実践 電気工事|ケーブルグリップ

スポンサーリンク

ケーブルグリップ(アミソ)

電気工事の入線作業には欠かせない

電気工事の中でも、入線作業は外すことのできない作業の一つですよね。

RCの建物の埋設配管にケーブルを通す作業、
工場などでの露出配管への入線作業と建物の種類、大きさに係わらず、
電気工事をしている以上、多かれ少なかれ、入線作業は付物だと思います。

一般の住宅程度の建物なら、電気工事業者でゆう、スチール(ライン)で、
ほとんどの入線作業は終わると思いますが、
これがマンションや商業施設、テナントビルなどになると、
その入線するケーブル数も種類も多くなりますから、
一々、ケーブル被覆を剥いて、括り付けるだけでも大変な作業になります。

本数が少なければ、ケーブルや電線の被覆を剥いて、
スチールやロープに括り付けても、さほど時間は掛かりませんが、

数が多くなれば、そんなことをしていては、いくら時間があっても足りなくなってしまいます。

そこで登場するのが、今回ご紹介するケーブルグリップ、通称アミソと呼ばれる
入線作業に便利な通線工具です。

ケーブルグリップ(アミソ)

ケーブルグリップと言っても、電気工事を行っている方には、ピンとこないかもしれませんが
アミソ』と言えば、ほとんどの方が理解されるのではないでしょうか?

 

 

この『アミソ』とゆう呼び名は、電気工事関係者特有の呼び方で、
一般の方には、まったく馴染みがなく、何のことやらさっぱりだと思いますが、
この『アミソ』正式な呼び名は、ケーブルグリップですが、
電気工事の中の入線作業には、とっても便利な道具の一つです。

 

この『アミソ』は、ケーブル被覆を剥くことなく、簡単に装着して、
すぐに入線作業に取り掛かれますから、時間のロスもほとんどありませんし、
ゴミだって、ほとんど出すことがありませんから、後片付けも楽ですしね^^

 

使い方は簡単で、入線するケーブルにこのアミソを被せて、
抜けないように、バインド線などで縛れば終わりです。

 

実際に使ってみると、引っ張る力で、アミソが絞られますから、
バインド線で縛る必要もないくらいなんですが、
もし抜けたときに、引っ張っている方がケガをしないようにするために
装着したときに念のためバインド線などで縛るんです。

 

被せるときには、網の部分を縮めてやれば、開きますから簡単に装着することができます。

 

仮に、スチールやロープにケーブルを取り付ける作業を、
ケーブル被覆を剥いて行ったら、何分ぐらい掛かりますか?

 

ケーブル被覆を剥いて、内側の被覆も剥いて、芯線をバラけて、
それからスチールやロープに括り付け、最後にビニールテープなどを巻いてと、
最低でも5〜6分くらいは掛かるのではないでしょうか。

 

それが、『アミソ』ならほんの1分程度で終わってしまうんですから、
使わないとゆう選択肢は、無いんじゃないでしょうか?

 

こんな『アミソ』ですが、入線するケーブルサイズに合わせて使わなくてはなりません。

 

もし、適合しないサイズのものを使うと、途中で抜けたりして、
力いっぱい引っ張っている人が、ケガをする危険があります。

 

ですから、入線するケーブルに合わせて、数種類のものを用意するようにしてください。

 

ちなみに、私が今使っているものは、下の画像のものになります。

 

 

これは、5種類のものが1セットとなったもので、
マンションやビルなどの自火報の幹線ケーブルの入線などに用いるサイズから、
個別幹線ケーブルなどの入線に使えるサイズまでが入っています。
その他のものは、単品で購入しました。

ジェフコム シングルグリップ φ25〜34mm DSG-30H

ジェフコム シングルグリップ φ35〜48mm DSG-45H

ジェフコム シングルグリップ

φ25〜34mm DSG-30H

ジェフコム シングルグリップ

φ35〜48mm DSG-45H

ジェフコム シングルグリップ φ49〜60mm DSG-60H

ジェフコム シングルグリップ φ60〜75mm DSG-75H

ジェフコム シングルグリップ

φ49〜60mm DSG-60H

ジェフコム シングルグリップ

φ60〜75mm DSG-75H

 

私どもの電気工事の範囲なら、ここまであれば、ほとんどできますから
この4本を追加購入して、使っています。

 

でも、みなさんが行われる電気工事が、もっと大掛かりで、
大規模なものでしたら、これだけでは足りないと思います。

 

そんなときは、お仕事に合わせて、もっと大きなサイズを揃えてくださいね^^

 

ケーブルグリップとセットで使うより戻し

 

ケーブルグリップ(アミソ)単体でも十分便利ですが、
それと合わせて、より戻しを使うとさらに入線作業がスムーズに行えますよ。

 

『アミソ』とロープなどを繋ぐとき、このより戻しが無ければ、
またバインド線などで、ガッチリと結ばなくてはなりません。

 

そうしないと、途中で外れる危険がありますからね。

 

これも、ケーブル本数が多いと、結構めんどくさい作業になりますが、
より戻しを用意しておけば、簡単に繋ぐことができる上に、
配管内でもスムーズに動いてくれますから、入線作業もスムーズに進みます。

 

まあ、アミソとより戻しは、夫婦みたいなものですね^^

 

沢山揃える必要もありませんから、大 中 小 と3種類ほど持っていればいいと思います。

写真のものは、ジェフコムの DK-15Kです。
そのほかのものは、メーカーサイトより、サイズ表を拝借して、掲載しておきましたので
確認してください。

 

より戻しサイズ表

 

それにしても、時々他所の電気工事の応援に行ったとき、
アミソを持っていない電気屋さんがいらっしゃるんですが、
私には、信じられません ┓( ̄へ ̄;)┏

 

こんなに便利ものがあるのに、なぜ使わないのか?
理解不能です・・・

 

電気工事に使う工具をお探しならこちらをご覧ください。

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

 

TOPに戻る

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
TADA-Counter
ケアプロスト