実践 電気工事|腰道具

スポンサーリンク

実践電気工事(腰道具)

電気工事を始める前の準備(腰道具)

 

電気工事士として、建築現場で電気工事を行う前に、
最低限揃えておかなくてはならないものがあります。

 

電気工事にはさまざまな工具や道具が必要となりますが
一番必要なのは、なんと言っても『腰道具』でしょう。

 

工事現場などで、目にする事も多いと思いますが、
各種業者さんそれぞれに、最低限必要なものを
腰ベルトにぶら下げて歩いているのを見かけると思います。

 

電気工事士も、電気工事を行う上で最低限必要なものを
腰ベルトに取り付け、『腰道具』として身につけています。

 

ここでは、その『腰道具』に必要なものを紹介いたします。
それでは、早速ご覧ください。

電気工事士の必需品

柱上安全帯

【ツヨライトD用胴・補助ベルト 紺色 軽量型】

 

【ランヤード】

電柱上や高所作業時の安全のために、欠かすことのできないものです。
落下時などに、ランヤード(通称:安全帯)と共に、
みなさんを守ってくれる大切なものですから、
自分の身に合ったものを選び、作業内容によって選ぶようにしてください。


腰袋

【腰袋】

スケールやその他の小物を入れたりするのに用います。


ペンチ・ニッパー

【ペンチ 強力タイプ220mm】

紹介しているのは、クラインのペンチです。
このペンチは、錆に強く、雨などに濡れても、さほど錆ず、非常に使いやすいペンチです。

 

【メリー 強力ニッパ200mm】

ニッパーはメリーの強力ニッパーを紹介しておきます。
クラインにもニッパーはありますが、実用性とゆう事で、
私はこのメリーの強力ニッパーを愛用しています。
これは、あくまで私の実務経験の中で選んだものですから、
みなさんは、みなさんの使いやすいものを選んでいただいて結構です。

 

【ペンチサック】

ペンチとニッパーを納めるペンチサックです。
こちらは二丁吊りタイプですが、ペンチサックにもいろいろな種類がありますので
最も使いやすいものを選んでください。


ドライバー

【クッショングリップドライバー(+)】

 

【クッショングリップドライバー(−) 】

 

【ドライバーサック】

こちらは、電気工事士が多く使用している、プロ用ドライバーになります。
グリップ部分も握りやすく、作業するのも楽に行えますし、
絶縁も完璧ですから、感電事故などの軽減のためにも、お薦めいたします。


電工ハンマー

【電工ソケットハンマー】

名称通り、電気工事プロ用ハンマーです。
台尻部分は、3分ナット用のソケットレンチになっていますから、
3分ナットの締め付けもできますから、作業効率も上がります。

 

【ハンマーダブルフッカー】

電工ハンマーを吊り下げ、さらにラチェットレンチなどを吊り下げる事もできます。


電工ナイフ

【電工ナイフ】

ロック機能付専用ケース付の電気工事用ナイフです。
電線被覆の皮むき作業などに必要不可欠なアイテムです。
ちなみに、台尻部分でVVF電線の被服も簡単に剥くことが出来ます。


小型水平器

【ポケレベル】

ポケレベルですが、水平垂直を確認するのは勿論、このポケレベルの大きさは
スイッチボックス(1個用)の大きさですから
この水平器の大きさで罫書き、開口する事で、キッチリとした開口が行えます。


 

腰道具』の内容を紹介しましたが、
電気工事の内容によっては、使用する工具も異なりますから、
腰道具に取付けるものも、変わってきますので、作業内容に合わせて、チョイスするようにしてください。

 

いずれにしても、第一の目的は、安全作業と作業の効率化ですから、
自分自身が使いやすくすることが一番です。
参考までに私の腰道具を掲載しておきます。

 

電気工事士の腰道具

 

かなり使い込んで、少々汚れていますが、私にとっては、身体に馴染みとっても使いやすいんです^^

 

電気工事に使う工具をお探しならこちらをご覧ください。

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

TOPに戻る

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
TADA-Counter