平面図作成

電気図面のための平面図作成方法

平面図作成の手順

電気図面のみならず、建築工事では、平面図は、必ず必要な図面です。

 

基本的な建物寸法などは、建築会社などからいただく図面で、確認できますが
いざ、電気図面を描こうと思うと、縮尺が小さすぎたりして、
うまく描けないこともよくある話です。

 

参考までに、実際に建築会社からいただいた
1/100の図面をご覧ください。

 

1/100図面

 

そこで、縮尺変更して、平面図を描く場合もありますので、
ここでは、その平面図の描き方を練習しましょう。

 

 

私が普段行っている作図作業を元に、お話を進めさせていただきますので、
ここで、行っている方法が全てでは、ありませんので、
まずは、私の紹介する方法で、平面図の描き方を練習して、
その後、みなさんの描きやすい方法で描いていただければと思いますので
順序に従って、作図作業を進めてください。

 

 

ただ、平面図といっても、木造、鉄骨、RCなど建物構造によって、
その記述方法も違いますので、
まずは、木造住宅の平面図から練習を始めます。

 

木造住宅の平面図を描けるようになれば、
自ずと、鉄骨やRCの建物の平面図も描けるようになりますし、
また、その平面図を読み解くことも出来るようになりますので、
まずは、図面作成や図面を読み解く力の基本だと思って、
練習するようにしてください。

 

今回行うキャドの練習には、Jw_cadが必要ですから、
もしまだ、お使いのPCにJw_cadがインストールされていないのであれば、
下記のリンクからダウンロードしてインストールしてください。

 

Jw_cad ダウンロード

 

ダウンロードが済んだら、次は、インストールの方法ですが
図解入りで詳しく説明されているので、こちらのサイトが解りやすいでしょう。

 

初心者でも超簡単 Jww_cad

 

 

Jw_cadのインストールが完了した方から、次に進んでください。

スポンサーリンク

平面図作成記事一覧

平面図の描き方(1)

Jw_cadの設定と準備木造住宅の平面図を描く前に、簡単な設定を行います。一般的に、木造住宅の柱間隔の基本は、910mmですから、その間隔の目盛グリッドを設定しましょう。このポイントを設定しておくと、木造住宅の平面図を描く上で、大変便利ですから、みなさんも設定するようにしてください。尚、今後、マウス...

≫続きを読む

 

平面図の描き方(2)

基準となる中心線を描く木造住宅のみならず、平面図を描くときに最初に行うのが基準となる中心線を描くことです。この中心線を間違うと、建物自体の収まりがおかしくなり、正確な平面図を描くことが出来なくなるので、非常に重要な作業です。これから行う平面図の作成の一番最初に行う最も重要な作業ですが、今後の平面図作...

≫続きを読む

 

平面図の描き方(3)

室内を描こう建物の基準となる壁中心線と通し柱が描けたところで、次は、建物内部を描きます。玄関、窓、階段、間仕切壁などを描いて、室内の平面図を完成させます。間仕切壁の描き方最初に、レイヤを[0−2]に変更します。この変更を忘れると、先に描いた「基準線」レイヤ[0−1]に描き込んでしまい、後々面倒なこと...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク


ケアプロスト