電気図面を簡単に描こう!

電気図面作成に必須の操作(中心点)

円の中心点(クロックメニュー)

建物によっては、柱を円柱にしたり、庭に丸い池などを配置する場合もあり、
図面上には、数多くの円が描かれます。

 

この図面上に配置された円の中心点を求めたいとき、
今回紹介するクロックメニューが役に立ちますので、覚えてください。

 


円の中心点をだす


今回は、クロックメニューの中でも、
円の中心点を求める方法に絞って、説明します。

 

図面上に円を描いた後に、その中心点を求めることは、
図面作成上よくある話です。

 

そんな時、今回の方法を知らなければ、大変な苦労をすることになりますので、
この方法を是非覚えていただきたい。

 

操作は、至って簡単なので、何も悩むことはないと思います。

 

仮に図面上に描いた円の中心点を求めるには、
ツールバーの 『点』 を 「Lクリック」 し、
次に、下の画像のように、円周上で「Rクリック」して
そのまま “3時” 方向にドラッグする。
すると、クロックメニューが現れるので、そこで「Rクリック」を放す。

 

円の中心点1

 

 

作図作業としては、これだけである。

 

 

この『点』を使うときには、
コントロールバーの左端にある『仮点』にチェックを入れるとよい。
この『仮点』にチェックを入れておくと、
図面上のいたるところに点をつけたとしても、
『全仮点消去』を「Lクリック」すれば、全て消去されるので、
作図作業の効率を考えても、使用後不要になるのであれば、
この『仮点』のチェックは、忘れないように。

 

スポンサーリンク

円の中心点関連ページ

2線の描き方
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
複線の使い方
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
コーナー処理
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
面取り操作
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
寸法入力方法
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。

スポンサーリンク


ケアプロスト