複線の使い方

電気図面作成に必須の操作(複線)

複線

電気図面を描くときには、
いろいろな回路やスイッチなどを描かなくてはなりません。

 

しかも、その配線ルートは、同じようなルートを通ることが多く、
必然的に、電気図面でも、同じルートに多くの配線を描くことになります。

 

そんなときは、この複線を利用しましょう。

 


複線の描き方

配線ルートが限られる電気工事などでは、
図面上でも、一箇所にその配線が集中することになり、
図面上に描かれる本数も多くなります。

 

その配線ルートも、間隔がバラバラでは、見辛くなってしまいます。
やはり、配線間隔は、同じ間隔で描くほうが、見やすく、
お客様や取引会社などの印象も良いものになると思います。

 

そんな、同一間隔の平行線を描くときには、『複線』 を使いましょう。

 

この『複線』の使い方は、
画像のように、ツールバーの『複線』をLクリックして、
その後は、下の手順に従って作業を進める。
複線

 


作図手順

@ 複線を行う線を選択する。
   (選択された線は、色が変わる)
複線

 

 

A 複線の間隔を入力する。
   (仮に[300]とする)
複線

 

 

B 描く方向にポインターを移動し、「Lクリック」で決定する。
   (移動時は、仮線で表示される)
複線

 

ポインターを上にすれば、上に、下にすれば下に複線が描かれる。
左右も同じ。

 

完成したものは、下の画像のように、[300] の間隔で描かれる。
尚、線の長さも同じです。

 

複線

スポンサーリンク

複線の使い方関連ページ

2線の描き方
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
コーナー処理
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
面取り操作
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
寸法入力方法
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
円の中心点
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。

スポンサーリンク


ケアプロスト