電気図面を簡単に描こう!

図面作成に必要な操作

電気図面作成に必須の操作

平面図や電気図面を描くとき、
図面上でJwキャドのいろんな機能を使って、
見やすく、解りやすく図面を描いていきますが、
ここでは、図面を作成するときに、
使えるJwキャドの機能や操作のしかたを紹介します。

 

 

線一本引くにしても、いろいろな引き方がありますし、
さまざまな処理の仕方があるので、
覚えておけば、より簡単に平面図や電気図面を描けるようになるので
ここで、少し練習してください。

 

 

ともかく、Jwキャドは、無料でありながら、
さまざまな機能が搭載されていますから、
それら全てを覚えるのは、なかなか大変です。

 

私もJwキャドを使い始めた当初、
基本設定や、図面の扱い方、作図での操作方法など、
解らないことがあると、ネット検索などで探しました。

 

Jwキャドに関するサイトは、山のように出てきますが、
自分が探しているものを見つけ出すのも結構難しいもので、
それだけで、時間を浪費してしまい、
肝心な図面作成が進まないことも多々ありましたので、
ここでは、本当に使える機能や操作方法について紹介しますので、
みなさんは、無駄な時間を使わず、図面作成に集中してください。

 

こちらで、紹介するもの以外で、知りたいことがあれば、
メールフォーム(お問い合わせ)より、お知らせください。
出来る限りご期待に沿えるように努力しますので。

 

 

また、Jwキャド関連の書籍なども紹介しますので、
そちらも参考にしつつ、より簡単に、より使いやすくなるように
みなさんも練習してください。

スポンサーリンク

図面作成に必要な操作記事一覧

2線の描き方

2線平面図の壁などを描くとき、外壁面と内壁を描かなくてはなりません。通常なら、外壁面もしくは内壁のいずれかを描いてから、もう片方を描きますが、そんなことをしていては、時間の無駄です。Jwキャドには、外壁、内壁を一度に描く機能があるんですから、それを使いましょう。2線の描き方2本の平行した線を一度に引...

≫続きを読む

 

複線の使い方

複線電気図面を描くときには、いろいろな回路やスイッチなどを描かなくてはなりません。しかも、その配線ルートは、同じようなルートを通ることが多く、必然的に、電気図面でも、同じルートに多くの配線を描くことになります。そんなときは、この複線を利用しましょう。複線の描き方配線ルートが限られる電気工事などでは、...

≫続きを読む

 

コーナー処理

コーナー処理の操作方法電気図面や平面図を描くとき、直線のコーナー部分の処理を多く行います。そんなコーナー部分の処理に欠かせないのが、この『コーナー』 の処理方法です。簡単な操作ですが、知っているのと知らないのとでは、図面の作成時間や仕上がりに、大きな違いがでるので、是非覚えていただきたい操作です。コ...

≫続きを読む

 

面取り操作

面取り操作方法コーナー処理の方法とよく似た機能ですが、図面作成には、この 『面取り』 操作のほうがよく用いられます。コーナー処理では、角の尖った処理しか出来ませんが、『面取り』 なら、さまざまな処理が可能です。面取り『面取り』 操作には、・角面  ・丸面  ・L面  ・楕円面 などの処理方法が用意さ...

≫続きを読む

 

寸法入力方法

寸法入力と設定電気図面や平面図だけでなく、図面と名の付く物には、必ず寸法を書き込みます。1辺の長さや、壁からの寄り寸法、そしてアール(R)寸法など、さまざまな寸法を書き込まなければなりませんので、ここで、その寸法入力方法を練習してください。これが出来なくては、図面として成立しませんので、ここは、確実...

≫続きを読む

 

円の中心点

円の中心点(クロックメニュー)建物によっては、柱を円柱にしたり、庭に丸い池などを配置する場合もあり、図面上には、数多くの円が描かれます。この図面上に配置された円の中心点を求めたいとき、今回紹介するクロックメニューが役に立ちますので、覚えてください。円の中心点をだす今回は、クロックメニューの中でも、円...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク


ケアプロスト