2線の描き方

電気図面作成に必須の操作(2線)

2線

平面図の壁などを描くとき、
外壁面と内壁を描かなくてはなりません。

 

通常なら、外壁面もしくは内壁のいずれかを描いてから、もう片方を描きますが、
そんなことをしていては、時間の無駄です。

 

Jwキャドには、外壁、内壁を一度に描く機能があるんですから、
それを使いましょう。

 


2線の描き方

2本の平行した線を一度に引ける、便利な機能ですから、
どんどん使って、図面作成の時間を短縮してください。

 

この『2線』機能を使うには、
画像のように、ツールバーの『2線』をLクリックして、
次に、2線間隔の寸法を入力する。
その後は、下の手順に従って作業を進める。
2線

 


作図手順

@ 2線を描く基準線を選択する。
2線

 

 

A 始点でクリックし、2線を描く方向に移動し、終点でLクリックする。
2線

 

これで、一度に2本の線を描くことが出来ます。

 

しかし、建物の壁などは、1辺だけではありませんので、
次の壁も描かなくてはなりません。

 

 

B 手順Aの終点でのLクリックをせず、
   次の基準線をダブルクリックで選択する。
2線

 

C 終点でLクリックする。
2線
画像のように直角の2線が描けました。
これを四方全てで行えば、四角い2線の壁が出来上がります。

 

尚、2線間隔の寸法入力は、「50 , 50」 としましたが、
手前の数字が左側の寸法で、後ろの数字が右側の寸法です。
この寸法を変えれば、間隔の違う2線が描けます。

スポンサーリンク

2線の描き方関連ページ

複線の使い方
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
コーナー処理
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
面取り操作
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
寸法入力方法
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
円の中心点
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。

スポンサーリンク


ケアプロスト