寸法入力方法

電気図面作成に必須の操作(寸法)

寸法入力と設定

電気図面や平面図だけでなく、
図面と名の付く物には、必ず寸法を書き込みます。

 

1辺の長さや、壁からの寄り寸法、そしてアール(R)寸法など、
さまざまな寸法を書き込まなければなりませんので、
ここで、その寸法入力方法を練習してください。

 

これが出来なくては、図面として成立しませんので、
ここは、確実に出来るようになってください。

 


寸法入力前の設定

図面上に寸法を入力する前に、簡単な設定を行います。
作図ツールバーの 『寸法』 を「Lクリック」し、
下の画像の 『設定』 を「Lクリック」する。

 

寸法

 

すると、下の画像の寸法設定画面が現れるので、
使いやすい設定に変更してください。
変更がない場合は、そのまま閉じてください。

 

寸法

 

設定が完了したら、いよいよ寸法入力です。

 

今回は、W=5000 H=2500 の長方形に寸法を入れます。

 


直線寸法入力

寸法を入力する位置で「Lクリック」すると、仮線が現れる。
そしてもう一度「Lクリック」し、次に寸法入力の始点を「LまたはRクリック」し、
最後に、終点で「LまたはRクリック」する。

 

寸法

 

縦の寸法は、コントロールバーの 『0°/ 90°』を「Lクリック」して、
『傾き』寸法を「90」に変更して、横方向と同じ操作を行う。

 

寸法

 


半径と直径寸法入力

コントロールバーの『半径』を「Lクリック」し、円を「Lクリック」すれば完成。
『直径』を「Lクリック」し、円を「Lクリック」で直径寸法が入力される。

 

寸法

 


円周入力

コントロールバーの『円周』を「Lクリック」し、アールの端で「Rクリック」する。
その後同一点で、「Rクリック」を2回行い、画面右下の作業指示が、
「寸法の終点を指示してください」となったら、反対側のアールの端で「Rクリック」する。

 

寸法

 


角度入力

@ コントロールバーの『角度』を「Lクリック」し、角度基準点@で「Rクリック」する。
A どちらかの直線を選択し、「Lクリック」して仮線を表示する。
B 実際に角度入力する位置で、もう一度「Lクリック」する。
寸法
C 角度入力の始点を指示する。
D 角度入力の終点を指示する。
寸法

 

始点と終点の指示は、左回りで指定する。

 


寸法値

図面変更などのときに、寸法を移動したり数値を変更したりするときに使います。
「Rクリック」で、数値を選択して移動する。
数値変更の際は、数値を「Rダブルクリック」で下の画像の変更画面が現れるので、
ここで、数値を変更する。

 

寸法

 


累進

寸法を始点からの距離として、表示する方法です。
@ コントロールバーの『累進』を「Lクリック」し、
   計測線付近の適当な位置で、「Lクリック」する。
A 計測する線上で「Lクリック」する。
B 始点で、「Rクリック」して読取点を指示する。
C 終点を指示する。
D 続けて、次の終点を指示する。

 

寸法

 

始点から終点Bを先に指示して、後から@Aを指示しても結果は同じ。

 


少数桁

寸法の小数点以下の表示の切替え。
クリック毎に0から1、2、3と変わり、小数点3位まで表示することが出来る。

 


端部

寸法入力の両端の表示を切替える。

 

寸法

スポンサーリンク

寸法入力方法関連ページ

2線の描き方
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
複線の使い方
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
コーナー処理
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
面取り操作
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
円の中心点
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。

スポンサーリンク


ケアプロスト