スポンサーリンク

Jw_cadで電気図面を簡単に描けるようになろう!

このサイトに来られたたということは、電気図面の描き方を練習したいということですね?

 

私は、電気工事業者として独立開業して15年以上現場で電気工事を行っています。

 

木造、鉄骨、RCとさまざまな建物の電気工事を行い、電気工事に必要な施工図や竣工図などを描いてきましたので、キャドの必要性と便利さを実感しています。

 

しかし、中には未だにキャドが扱えず、手書きで電気図面を作成してる電気工事屋さんを見かけますが、私には、考えられません。。。 
┓( ̄へ ̄;)┏

 

製図版に向かって、定規やテンプレートなどを使って一つ一つ描いていくなんて、気が遠〜〜〜くなる話です。

 

なぜ、キャドを使わないのかと聞くと、

 

「使い方が解らないから」

 

「キャドは高価だから」

 

という答えをよく耳にしますが、そんなことはありません。。。

 

 

使い方が解らないのであれば、使える人に教えてもらえば済むことですし、キャドが高価だというのは、
「AUTOキャド」などのことを言っておられるのだと思います。

 

私が使っている「Jw_cad」は、ダウンロードさえすれば、無料で使えるんですから、高価な「AUTOキャド」などを買う必要は、ありません。

 

 

無料なのに機能も充実してるし、簡単にきれいな電気図面が描けるんですから使わないほうが、おかしいと思うのですが・・・

 

 

キャドで描いた、見やすくきれいな電気図面なら、仕事の効率も上がりますし、建築会社やお客様からの信頼も得られると思うのですが、みなさんはどう思われますか?

 

 

フリーハンドで描いたような、図面で電気工事をしている業者と、キャドで描いた図面で電気工事を行っている業者。

 

もし、あなたが電気工事を頼むなら、どちらの業者に工事を依頼しますか?

 

答えは、簡単ですよね。

 

お客様の立場から考えても、今やキャドで作成された図面が必須だと思いますので、今ご覧のあなたも、しっかりと練習してキャドで電気図面を作成してください。

 

 

私のサイトでは、建物の平面図の描き方から、配線系統図や盤結線図そのほか、電気記号やパーツなども紹介してまいりますので、しっかりと練習してください。

 

もし私のサイトでJwキャドを練習しても駄目だったら・・・

 

尚、『電気図面作成』 カテゴリにて、
ささやかなプレゼントを用意していますので、ご覧ください。

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。