丸面

電気図面作成に必須の操作(丸面)

丸面処理

丸面処理は、コーナーをアールにする処理の方法です。
この丸面処理は、電気図面の配線図や、設備関連の配管図など、
直線とアールを組み合わせるときに便利です。

 


丸面の処理方法

ツールバーの 『面取り』 を「Lクリック」し、
コントロールバーの「丸面」にチェックを入れ、寸法を入力する。

 

面取り

 

今回は、仮寸法として「500」とする。

 

 

下の画像の手順で処理を行う。

 

角面(辺寸法)

 

〔処理後〕

 

丸面

 

これで、丸面処理は、完了です。

 

◆◇◆補足◆◇◆
丸面処理の寸法とは、
下の画像のように、入力寸法 [500] アール(R)となる。

 

丸面

スポンサーリンク

丸面関連ページ

角面(辺寸法)
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
角面(面寸法)
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
L面
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
楕円面
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。

スポンサーリンク