スポンサーリンク

電気図面作成に必須の操作(L面)

L面処理

L面処理は、コーナーをL形にする処理の方法です。
このL面処理は、一部変形したような建物などを描くときに便利です。

 


L面の処理方法

ツールバーの 『面取り』 を『Lクリック』してコントロールバーの「L面」にチェックを入れて寸法を入力してください。

 

面取り

 

今回は、仮寸法として「500 , 500」としました。

 

 

下の画像の手順で処理を行って下さい。

 

角面(辺寸法)

 

〔処理後〕

 

L面

 

これでL面処理は完了です。

 

◆◇◆補足◆◇◆
L面処理の寸法とは、下の画像のように入力寸法 [500 , 500] となります。

 

L面

 

入力寸法を変えることで異なったL面処理も可能です。

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

 

L面関連ページ

角面(辺寸法)
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
角面(面寸法)
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
丸面
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。
楕円面
Jwキャドを使って、電気図面を作成する時によく使う操作方法を画像を交えて紹介しています。