経費の勘定科目を知っておこう

 

経費の帳勘定科目を知っておこう

 

こちらでは、経費帳で使う勘定科目をご紹介しています。
事業で使う経費の記帳一つで節税対策が出来るのですがみなさんご存知でしょうか。
個人事業主の方は、あまり気にしていないようですが、大企業でも中小企業でも多かれ少なかれ、行っている節税対策の一つです。

 

テレビなどでも時々大手企業に「追徴課税を行った」と言うニュースが流れますが、この多くは経費の水増しや見解の相違などと言う事が多いです。

 

最初の経費の水増しに関しては弁解の余地もないのですが、後も経費に関する見解の相違と言うのが節税対策の部分なのです。
経費に対する見解の相違が発生する原因が、経費の勘定科目によって税率が違ってくるからなのです。
ですから大企業などは、少しでも税率の低い項目に経費を付けて、節税対策を行っているのですが、その節税対策が行き過ぎて、本来は計上してはいけない項目まで税率の低いものに計上した結果、国税庁との見解の相違が生じて、追徴課税を課されることになってしまっているのです。

 

ですが、これは国が認めた制度ですから、適切に処理していればそれだけで節税できるということですから、覚えておかないほうがおかしいと思いませんか。
本来なら、税率の低いものを他の勘定科目にしていたために、収めなくてもよかった税金を余分に納めているなんて、もったいない話ですよね。
ですから、こちらで経費帳の勘定科目をしっかり覚えて、少しでも節税できるようにしてください。
それでは、早速『経費の勘定科目一覧』からご覧にただいて、その後各勘定科目の詳しい説明をご覧ください。

 

経費帳を付ける前に、個人事業主特有の勘定科目の『事業主借』と『事業主貸』という勘定科目の使い方を覚えておく必要がありますので、それぞれの使い方を確認しておいてください。
それと、簿記の中で使うことの多い『按分(あんぶん)』という考え方も合わせて確認しておいてください。
これらは、帳簿を付けていくときに非常に重要な項目になりますから、忘れないように記帳しておかなくてはなりませんので、その考え方を十分理解してから各経費の項目をご覧ください。

 

 

経費帳の勘定科目を知っておこう

 


経費勘定科目一覧表へ戻る


 

 

(開業前に知っておきたい帳簿のつけかた)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

経費の勘定科目を知っておこう記事一覧

『事業主借』と『事業主貸』と言うのは、個人事業主の方特有の勘定科目になります。個人事業主さん特有の勘定科目ですから株式会社などの法人企業では使用しない項目ですから、法人の方はスルーしていただいてけっこうです。個人で事業を行っていると事業用資金と個人用資金が混同しやすいものですから、個人事業主特有の勘定科目が設けられています。ですから個人で事業を行っておられる個人事業主の方にとっては、とても重要な勘...

按分(あんぶん)とは基準となる割合で分けると言う意味ですが、個人事業主の按分とは、事業用経費と個人的な支出を分割するという事になります。個人で事業を行っていると、自宅の一部を事務所や作業場などに使用している場合もあると思いますが、このような場合でもしっかり按分しておけば、事業に使っている分については必要経費として認められ、経費計上できるようになります。このように按分には事業用と個人使用の部分を分割...

こちらには、経費帳で使う勘定科目を一覧でご紹介していますので、経費帳で使う勘定科目に迷ったときやどんな勘定科目が有るのかを調べるときに使ってください。経費の勘定科目を知っておくことは、複式簿記ではとても大切なことですし、帳簿をつけ始めたら途中で変更するのは避けなくてはなりませんから、最初にどの勘定科目を使うのかを予め決めておく必要がありますので、帳簿をつけ始める前に経費の勘定科目を調べてから帳簿を...

経費の勘定科目の中で、一番興味のあるのが『接待交際費』ではないでしょうか。『接待交際費』は事業を円滑にするために取引先や仕入先の方との交際に支払ったものを計上する勘定科目ですから、中には「何でも接待交際費で計上しておけばいい」と勘違いしている方がいらっしゃるようですが、あくまで事業に関係する交際に使ったものだけです。それでは具体的にその内容を見ていきましょう。接待交際費はいくらまで認められるのか接...

経費の勘定科目の『旅費交通費』の適用範囲などを確認してください。『旅費交通費』は、事業に関連する移動や宿泊などの費用を計上するものですので、かなり使用頻度の多い勘定科目だと思います。それだけに、抜け落ちなどが多い勘定科目でもあるので、日頃の管理が大切な項目でもあります。それでは『旅費交通費』の具体的な内容を見ていきましょう。旅費交通費の適用範囲『旅費交通費』を使うのは、仕事に関連する移動や宿泊のと...

経費の勘定科目の『消耗品費』の適用範をここで確認しておいてください。『消耗品費』の勘定科目に含まれるものは実にさまざまで、数え上げるとキリがありません。ですから、帳簿への記載の際に迷う項目の一つですから、税務調査の際に見解の相違が起こりやすい勘定科目の一つです。それだけに、細かく内容を吟味して、本当に『消耗品費』として計上してよいものかを知っておかなくてはなりませんので、このページでその内容を確認...

経費の勘定科目の『車両費』の適用範をここで確認しておいてください。『車両費』の勘定科目に含まれるものには、間違いやすいものや車両費でいいのか迷うものなどが多く存在します。そんな間違いやすいものや迷うようなものを紹介しつつ、仕分例などを紹介したいと思いますので、こちらで『車両費』として計上できるものを確認してください。車両費の代表的なもの『車両費』に記載する代表的なものとしては、下記に示すものがあげ...

経費の勘定科目の『賃借料』の記載内容を確認しておいてください。『賃借料』として記帳するものは、名前のとおり賃借料を支払っているものに限られます。このように書くと間違いやすいのが『地代家賃』の項目と混同しやすくなりますが「賃借料」と「地代家賃」は別物だと考えてください。同じように賃借しているものですが、賃借しているものの性格がまったく違いますので、そのあたりをこちらで確認してください。賃借料として記...

経費の勘定科目の『地代家賃』の記載内容を確認しておいてください。『地代家賃』は、名前のとおり土地、家屋などの賃借料を記帳する勘定科目です。このように賃借料と書くと「賃借料」の勘定科目に記帳しておいても同じだと思うかもしれませんがこの二つはまったくの別物fだと考えてください。同じように賃借しているものですが、賃借しているものの性格がまったく違いますので、そのあたりをこちらで確認してください。地代家賃...

経費の勘定科目の『水道光熱費』の記載内容を確認しておいてください。『水道光熱費』は、名前のとおり水道、電気、ガスなどの使用料金を記帳する勘定科目です。社屋、工場、事務所などで使用する水道、電気、ガスの使用料金は全て経費として計上することができます。しかし、個人事業主で自宅の一部を事業用として使用している場合は、全てを経費計上することができませんので、その使用率を按分して事業用に使用したものだけが経...

経費の勘定科目の『通信費』の記載内容を確認しておいてください。『通信費』は、事業で使う電話やインターネット、郵便などを記載する勘定科目です。事業用として使用する固定電話、携帯電話、インターネット回線、プロバイダー料、請求書などの発送に使う郵便料金など、事業用通信手段に使うものがこれにあたります。通信費費として記帳するもの冒頭でも書いたように『通信費』として記載するものは、事業用の通信に使うものに限...

経費の勘定科目の『租税公課』の記載内容を確認しておいてください。『租税公課』は、各種税金や役所などで発行される書類の手数料などを記載する勘定科目です。事業に関連する税金や各種公的書類の発行手数料などを記載しておく勘定科目ですから、事業用に使用している自動車税などさまざまなものがありますので、事業に関する税金などは、この勘定科目に記載するようにしてください。租税公課とは『租税公課』とは、ウィキペディ...

経費の勘定科目の『外注費』の記載内容を確認しておいてください。『外注費』とは、自社で請け負った仕事の一部または全てを他社に依頼した時の支払代金のことを言います。このような発注をすることは、普通に行われていることですから、職種を問わずほとんどの方がこの勘定科目を利用されると思います。ですから、その内容をしっかり把握しておくことはとても大切ですので、こちらでその内容を確認しておいてください。外注費とは...

経費の勘定科目の『工具備品』の記載内容を確認しておいてください。『工具備品』の勘定科目は一般的に工場で使う工具や建築現場などで使う工具、そして事務所などで使うキャビネットなどの備品を購入したときに使用するものです。一般的な金額のものであれば、そのまま記帳しておけば問題ありませんが、高額な工作機械などの場合には決算時に「減価償却」が必要となるので、別の勘定科目を使用することになります。このように『工...

経費の勘定科目の『修繕費』の記載内容を確認しておいてください。『修繕費』は、主に建物や店舗、事務所などの維持管理に使ったお金の流れを記帳しておく勘定科目です。このほか、自動車の修理費用や事務用パソコンの故障に伴う修理費用などもこの科目に分類されることもあります。一部ほかの勘定科目と重複するものも含まれるので、使い分けを間違えないようにしてください。修繕費とは『修繕費』とは、現状あるものが壊れたとき...

経費の勘定科目の『広告宣伝費』の記載内容を確認しておいてください。『広告宣伝費』は、自社の製品やサービスを広く認知してもらうために拠出する経費のことです。この広告宣伝費を効果的に使うことで業績が大きく伸びることもありますし、思ったほどの効果が出ずに、経費ばかりが嵩むなんてこともよくある話ですから、広告宣伝費の使い方には慎重な判断が求められる勘定科目だといえるでしょう。広告宣伝費としての記帳科目『広...

経費の勘定科目の『荷造運賃』の記載内容を確認しておいてください。『荷造運賃』は、文字通り商品を荷造りして発送したときに使う勘定科目です。自社の製品を販売して、地方発送することも多いと思いますが、そのようなときに発生する梱包材料や運賃などがこの勘定科目にあたります。しかし、経費勘定科目の中には、同じように何かを発送するなどのときに使う「通信費」という勘定科目があるので、注意してください。荷造運賃とし...

経費の勘定科目の『給料賃金』の記載内容を確認しておいてください。『給料賃金』は、従業員の給与や各種手当てなどに支払ったものを記載しておく勘定科目です。勘定科目としては、「給料賃金」とするようにしてください。確定申告の決算書では「給料賃金」として記載されていますので統一性をもたせる意味でも他のものではなく、この名称を使用することをおすすめしておきます。給料賃金とは『給料賃金』とは、冒頭でも書いたよう...

経費の勘定科目の『専従者給与』の記載内容を確認しておいてください。『専従者給与』は、家族を従業員にしているときに使う勘定科目です。他人を従業員としているときに使う「給料賃金」と混同しやすい勘定科目ですので、その違いをしっかりと覚えておいて、間違った経理処理をしないようにしてください。このページと共に「給料賃金」の項目も確認するようにしてください。専従者給与とは『専従者給与』とは、個人事業を家族が手...

経費の勘定科目の『損害保険料』の記載内容を確認しておいてください。『損害保険料』は、事業継続に関わる損害に対しての各種保険支払に使う勘定科目です。不慮の災害や事故などに備えて掛けておく各種損害保険の支払も経費として認められるものです。しかし、個人事業主の中には会社事務所などを自宅と共有している場合もあると思いますが、この場合一部しか経費として認められません。このように、「損害保険料」の経費計上にも...

経費の勘定科目の『福利厚生費』の記載内容を確認しておいてください。『福利厚生費』は、従業員の勤労意欲向上や健康管理などの目的の支出に対して使う勘定科目です。日頃、事業を円滑に行うためにがんばってくれている従業員の更なる勤労意欲向上のためや、業務中の事故などを防ぐ意味合いで行う集団健康診断などの費用は「福利厚生費」として経費計上することができます。この「福利厚生費」を上手に活用することで従業員の士気...

経費の勘定科目の『利子割引料』の記載内容を確認しておいてください。『利子割引料』は、事業用資金の支払利息や手形割引などの手数料として使う勘定科目です。事業を継続したり、拡大するために銀行などから事業資金の借入れを行うことは、よくあることだと思いますし、仕事の対価として受け取った手形を割り引いて事業資金に充当することもあるでしょう。このような時の利息や手数料を記帳するのが「利子割引料」という勘定科目...

経費の勘定科目の『貸倒金』の記載内容を確認しておいてください。『貸倒金』は、売掛金などの回収ができなかった時に使う勘定科目です。仕事先や商品納入先の経営状態の悪化や倒産に伴って売掛金や未収金などが回収できなることも無いとは言えませんし、貸し付けているお金が回収できなくなることもあるでしょう。このようにお金を回収できなくなったときにこの勘定科目を使います。貸倒金とは『貸倒金』は、売掛金や未収金、貸付...

経費の勘定科目の『雑費』の記載内容を確認しておいてください。『雑費』は、小額な出費で、どの勘定科目にもあてはまらないようなものに使う勘定科目です。「雑費」とよく間違われるのが「消耗品費」ですが、消耗品費にはある程度の目安がありますが、「雑費」にはこれといった目安がありませんので、「困ったら雑費」なんて方もいらっしゃるようですが、雑費の乱発は避けるようにしてください。なぜ避けたほうがいいのかなどにつ...

経費の勘定科目の『支払手数料』の記載内容を確認しておいてください。『支払手数料』は、金融機関などでの振込手数料や税理士、弁護士などの報酬の支払に使う勘定科目です。事業を行っていると何かと振込手数料や税理士さんや弁護士さんのお世話になることも多いと思います。そのようなときに支払うものを「支払手数料」として仕分しておきます。支払手数料とは『支払手数料』とは、先に書いたように銀行振込の手数料や税理士、弁...

会計処理で大切になってくるのがこの『減価償却』という処理です。『減価償却』という会計処理は経費計算の中でとても重要な要素ですので、この処理を適切に行っておかないと税務調査の際に不適切な会計処理とみなされる可能性がとても高くなる項目の一つですので、しっかりとその内容を理解して適切な会計処理を行うようにしてください。そのために知っておくべきポイントをまとめておきましたので、参考にしてください。減価償却...


ケアプロスト