実践 電気工事|実践 電気工事の基礎

スポンサーリンク

実践 電気工事の基礎

電気工事士として最低限覚えておきたいこと

 

ここでは電気工事を始める前に
最低限これだけは、覚えておかなくてはいけないと言う事を書いております。

 

あくまで、現場主義の管理人ですから、
電気理論やなんだかんだと、小難しいことは書きません。

 

そんな事は、電気工事士免状取得のときに、
嫌というほどみなさん勉強されたと思いますので、
今更、そんな事を書いても仕方がありませんからね^^

カテゴリ内容

 

 

など、電気工事を行う上で、覚えておかなくてはならない簡単なことだけ書いておきます。

 

電気工事士免状については、もうみなさんご存知だとは思いますが、
第一種・第二種電気工事士に分かれています。
その免状による作業範囲などを詳しく紹介しています。

 

電力会社からの供給方式に関しましては、
おもな供給方式や、どんな供給方式があるのかなど、
具体的に書かせていただきました。

 

みなさんが行われる電気工事の内容によっては、
このほかの供給方式を用いられる場合もあると思いますが、
あくまで、電気工事の基礎の基礎としてお読みください。

 


第二種電気工事士
PDF形式ファイルを見るには、Adobe Acrobat Readeが必要。
取得していない方は、上記アイコンをクリックし、ダウンロード(無償)してください。

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

 

TOPに戻る

実践 電気工事の基礎記事一覧

電気工事士の免状

一般の方にも是非一読願いたい電気工事を行う上で、絶対に必要なのが 電気工事士免状です。電気工事を行う場合、この免許の携帯が義務付けられています。何故、電気工事士免状は必要なのでしょうか?当然、電気を扱うには、専門知識が必要となりますから、その電気に関する専門知識を習得した者でなければ 電気を扱うのは...

≫続きを読む

 

電気工事士の資格と範囲

電気工事士有資格者の作業範囲電気工事士法により、電気工事の欠陥による災害発生を防止するため、一定範囲の電気工作物において電気工事作業従事者の資格が定められている。電気工事士の資格には、第一種電気工事士と第二種電気工事士があり第一種電気工事士においては、一般用電気工作物及び自家用電気工作物(最大電力5...

≫続きを読む

 

電気の供給方式

一般的な電気の供給方式について電気工事の中で、絶対に必要なのが、電力会社からの電気の供給です。ここでは、一般的な電気の供給方式についてお話したいと思います。一般の方は、あまり気にされることもないかと思いますが、電気を送るのにも、いろいろな方式があります。一般の住宅などは、ほとんどの場合、『単相三線式...

≫続きを読む

 

電気の引込申請のやり方

電力会社への引込申請電気工事士の業務の中に、電力会社への引込申請があります。電気工事を行った建物に命を吹き込む、大切な電気の引込申請ですが、その申請内容によって、申請用紙も違いますし、記入内容も変わってきます。こちらでは、一般的な電気の引込申請についてお話させていただきます。

≫続きを読む

 

接地工事(アース)

接地工事(アース)は重要です。電気工事を行う上で大切なのが接地工事です。漏れ電流や漏電が発生した時などに、この接地が重要な役割を果たします。一般家庭でも、多くの電化製品に接地極が取付けられていますが、案外みなさん接続されていないようですが、接地極(アース)は必ず接地端子に接続するようにしてください。...

≫続きを読む

 

接地抵抗計の測定方法

接地工事と接地抵抗の測定方法電気工事を行う中で、欠かせないのが接地工事です。前項で、各種接地工事の抵抗値などを内線規定から抜粋してご紹介しましたが、本文の中で余談としてご紹介しましたように接地抵抗値を得るのに苦労することもあると思いますが、求められる接地抵抗値を得られなければ、受電することができませ...

≫続きを読む

 

接地抵抗計の簡易測定方法

簡易二極接地抵抗測定方法を活用しよう電気工事では、接地極がとても重要な設備であることはみなさんご存知だと思います。第一種、第二種を問わず、電気工事士試験でも、その重要性と測定値の正確な測定が大切であることは、繰り返し問われるように、近年の電子機器などの普及により、接地極の重要性が叫ばれています。とて...

≫続きを読む

 

実践 電気工事 接地(アース)線の選定

簡単な接地線の選定方法電気工事における、接地工事の重要性とその測定方法を紹介しましたが、いかがでしたか?接地工事は、漏電などによる感電事故を防ぐのが目的ですから接地工事の対象となる機器に見合った接地工事を行わなくては意味がありません。それと共に、適切な接地線の選定も重要な要素ですから、電気工事士のみ...

≫続きを読む

 

実践 電気工事 テスタの使い方

基本的なテスタの使い方電気工事で使う計測器の中で、最もよく使うのがテスタでしょう。電圧測定や抵抗の測定など、電気的に重要な、基礎データを知るために用いるのがテスタです。電圧確認は、電気工事士として、基本中の基本ですから、電気工事完了後の送電前の分岐機器(分電盤)での電圧測定は、必ず行わなければならな...

≫続きを読む

 

絶縁抵抗計(メガ)の使い方

絶縁抵抗計の使い方絶縁抵抗計は、電気工事士である以上、必要不可欠な測定器であることは、みなさんご存知だと思います。電気工事業者として、開業する際にも、備付の義務がありますから、電気工事業者で、絶縁抵抗計を所持していないものは、皆無だと思います。電気工事業者であるからには、電力会社への送電申請を行うと...

≫続きを読む

 

電気工事の基礎を知る

即戦力電気工事士として活躍するための本電気工事の中には、さまざまな工事方法があります。一般住宅で行う、屋内配線工事や工場などで行う、金属管工事、ケーブルラック工事、ライティングダクト工事このほかにも、鉄筋コンクリートの建物に行う埋設管工事、地面を掘っての、地中埋設管工事など、その現場状況に応じた工事...

≫続きを読む

 

電気工事に使えるアプリとサイト

電気工事に使える便利なアプリとサイト電気工事では、さまざまなケーブルや配管材などを用いて工事を行いますがそのケーブルの選定や配管材の選定には、内線規定などに定められてるように、さまざまな制約があります。それらを、一つ一つ計算して求めるだけでも、大変な労力ですし、関連書籍などから調べるのも大変ですよね...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
TADA-Counter
ケアプロスト