実践 電気工事|Jw_cad 電気図面を描く前に

スポンサーリンク

Jw_cad 電気図面を描く前に

Jw_cadで電気図面を描く前の準備

Jw_cadで建物全体を描いてきましたが、ようやく建物全体図が完成しました。

今回から、本題である電気図面の作成に取り掛かりたいとおもいま〜す^^

これまで、Jw_cadについていろいろ書いてきましたが、
少しはみなさんのお力になっているでしょうか?

私も書きながら、復習しているようなところがありますので
みなさんにちゃんとお伝えできているのか心配です・・・

でも、聡明なみなさんですから、ちゃんとJww_cadをお使いだと信じて
今回もお話を進めさせていただきますm(_ _)m

では、始めましょう(^O^)/

電気のシンボルマーク

 

早速、出来上がった建物全体図を開きたいところですが、
今回は、その前にやっておかなくてはならないことがあります。

 

電気図面を描くには、コンセントやスイッチ、照明、分電盤など
電気に関するシンボルマークがありますよね。
その電気に関するシンボルマークを図面上で一つ一つ描くのは大変です。

 

そこで、電気図面作成の準備として、あらかじめこれらのシンボルマークを作成し、
前回の建具同様、専用のフォルダを作成して、保存しておきましょう。

 

こうしておけば、シンボルマークの配置も楽になりますし、
電気図面作成にかかる時間も大幅に短縮することが出来ます。

 

それでは早速作成してみましょう。

 

まずは、コンセントを描いてみましょう。
下の画像をご覧いただければ描き方がお解かりいただけると思います。

 

Jww_cad

 

 

上記画像でのコンセントシンボル作成手順を解説しておきましょう。

 

 補助線にて、作成シンボルの中心線を描く。
 線種を実線に変更し、円タブを左クリックし、シンボル中心点にて右クリックする。
 描いた円の下から1/4程度のところに水平線を描く。
 円の不用部分を消す。
 メニューバーの「作図(D)」を左クリックし、次に「多角形(T)]を左クリックする。
 コントロールバー右端の「任意」を左クリックし、「ソリッド図形」にチェックを入れる。
 「円・連続線指示」を左クリックし、図形の直線部分にカーソルを合わせ、左クリックする。
 壁方向部分の着色完了。
 の作業を再び行い、円を描く。
 コンセントの差込部分を描いて完成。

 

後は、描いたコンセントシンボルを専用フォルダに保存すればOKです。

 

尚、スイッチに関しては、円を描き、その円を着色すれば完成となります。

 

このほか、分電盤や電話、テレビ、立上り、引下げ、素通し、受電点など、
必要なものは前もって描いておくほうがいいと思います。

 

今回のポイントは、「作図(D)」の「ソリッド図形」の描き方でした。
この「ソリッド図形」は、電気図面の作成にも用いますが、
その他、いろいろな図面や地図の作成など、幅広く用いることが出来ますから、
是非、覚えておいてください。

 

地図なんかも、Jw_cadで描けば、きれいで見やすいものになりますから、
会社案内などを作られる際にも活用できると思いますよ^^

 

これで、電気図面を描く準備は整いましたので、
次回から本格的に電気図面を作成してみたいと思います。

 


第二種電気工事士
PDF形式ファイルを見るには、Adobe Acrobat Readeが必要。
取得していない方は、上記アイコンをクリックし、ダウンロード(無償)してください。

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

 

TOPに戻る

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
TADA-Counter
ケアプロスト