実践 電気工事|Jw_cad の起動と画面構成

スポンサーリンク

Jw_cad の起動と画面構成

Jw_cad 初めての起動と画面構成

Jw_cadのダウンロードは、うまくいきましたか?

出来るだけ解りやすくなるように、画像などを交えて、
図解に心掛けて書かせていただきましたので大丈夫ですよね。

さて今回からは、いよいよJw_cadを実際に使っていきたいと思いま すので、

私もがんばって、書かせていただきますので、
みなさんも少しがんばって、Jw_cadで電気図面が描けるようになってください。

Jw_cadの構成画面

 

それでは早速Jw_cadを起動してみましょう。

 

前回ご紹介しました、デスクトップに配置したJw_cadのショート カットをJww_cadクリックして
Jw_cadを起動してください。

 

起動したら最初に現れる画面は、こんな感じです。

 

Jww_cad

 

 

勿論、まだ何も描かれていないJw_cadが起ち上がります。

 

それでは、Jw_cadの画面構成をご説明しておきましょう。
後々作図する時に、扱うことになりますから、頭の片隅にでも入れておいてください。

 

まず最初は、画面左上の構成です。

 

Jww_cad

 

 

〔タ イトルバー〕

 

白字で書いているタイトルバーですが、その名の通りJww_cadのタイ トルが表示されます。
画像では、Jw_cadのロゴの次に、『無題』と表示されていますが、
みなさんが作成された図面を開けば、その図面タイトルが表示されるようになります。

 

〔メニューバー〕

 

ブルーの枠で囲んだメニューバーです。

 

こちらは解説にもありますように、通常のツールバーと同じように使っていただければ結構です。
ただ内容は、Jw_cadのものですから、作図段階で頻繁に用いることになります。

 

簡単な内容をご説明しますと

ファイル 図面の保存や印刷設定、保存形式の選択など
編集 ツールバーの内容とほぼ同じ
表示 ツールバーなどの表示設定
作図 図面作成に必要なさまざまな機能
設定

Jww_cadの基本設定から作図中の角度設定や
 用紙サイズ設定など

その他 図形登録、登録図形の呼び出しなど

 

〔コントロールバー〕

 

黒字で書いているコントロールバーです。

 

ここは、次にご紹介するツールバーの作業内容を表示すると
思っていただければいいと思います。

 

 

〔ツールバー〕

 

ご覧のように、メニューバーでご紹介した機能がほとんど表示されています。
実際の作図段階では、こちらのツールバーを用いることがほとんどです。

 

画像の選択は、左ツールバーで直線を選択し、右ツールバーでレイヤー“0”を選択しています。
左ツールバーで選択した“直線”の二義的内容が上のコントロールバーになります。

 

Jww_cad

 

 

〔ステイタスバー〕

 

左下に表示されているステイタスバーは、
上のツールバーで選択しているコマンドの次の作業指示を行っています。

 

画像の場合ですと、「直線をどこからはじめるのか指示しなさい」とゆう事です。

 

Jww_cad

 

 

〔全体設定〕

 

画面右下にあるのがこのバーです。

 

こちらでは、作図画面全体の設定が行えます。

 

 ・用紙サイズの変更(A4⇒A3など)
 ・縮尺の変更(作図倍率の変更:1/50⇒1/100など)
 ・軸角の変更(直線などの作図の角度など)
 ・作図画面サイズの変更
 ・0−0は、レイヤー状態を示す。

 

Jww_cad

 

 

以上がJw_cadの構成画面になります。

 

これから作図を行うにあたって、この構成画面の各機能を使って行いますので、
頭の片隅にでも置いておいてください。

 

次は、Jw_cadを使うための基本設定を行います。

 


第二種電気工事士
PDF形式ファイルを見るには、Adobe Acrobat Readeが必要。
取得していない方は、上記アイコンをクリックし、ダウンロード(無償)してください。

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

 

TOPに戻る

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
TADA-Counter
ケアプロスト