実践 電気工事|基本的なスイッチ結線

スポンサーリンク

実践電気工事(基本的なスイッチ結線)

電気工事の結線

 

電気工事の中で、電線接続作業は、不可欠な作業であることは、
電気工事士試験や実際の電気工事の中で、すでにお解かりだと思います。

 

いかに、きっちりした配線を行っても、
この電線接続作業で間違ったり、接続漏れなどがあれば、
その電気工事は、未完成、不良工事となってしまいます。

 

当然のことながら、一部通電しないや短絡(ショート)などを引き起こし
思わぬ電気事故に至る場合もありますので、
電線接続作業には、細心の注意を払って行わなくてはなりません。

 

でも、基本的な接続を覚え、
それに見合った適切な工具や材料を使うだけですから、
それさえ間違えなければ、問題ありません。

 

電線接続作業の重要性をご理解いただいたところで
早速、実際に電線接続作業を行ってみましょう。

 

 

スイッチ結線図

 

片切りスイッチ結線

 

どの電気工事現場でも、一番多く行うスイッチ結線です。

 

片切りスイッチ結線図

 

片切りスイッチ結線
結線解説
 AC100V電源のプラス側を片切りスイッチに入れる
 AC100V電源のマイナス側を負荷(照明)に接続する。
 I蕾戞幣般澄砲諒卻を片切りスイッチに接続する。

 

これで、片切りスイッチの結線は終わりです。
下に実際の結線と、その動作状態を示したものを掲載していますのでご覧ください。

 

片切スイッチ結線

 

片切スイッチ結線

 


三路スイッチ結線

 

階段や廊下などによく用いられる結線です。

 

三路スイッチ結線図

 

三路スイッチ結線
結線解説
 AC100V電源のプラス側を三路スイッチの片方に接続する。
 AC100V電源のマイナス側を負荷(照明)に接続する。
 I蕾戞幣般澄砲了弔蠅鮖囲スイッチの片方に接続する。
 せ囲スイッチ間の渡り線を接続する。
これで三路スイッチ結線は終わりです。

 

片切スイッチ同様、下に実際の結線と、その動作状態を示したものを掲載していますのでご覧ください。

 

三路スイッチ結線

 

三路スイッチ結線

 

この三路スイッチ結線で注意すべき点は、
片方に電源のプラス側を接続し、もう片方に負荷を接続することです。

 

ここだけは、間違わないように!!

 


四路スイッチ結線

 

三階建て住宅や廊下に入り口が3箇所以上ある場合などに行う結線です。

 

四路スイッチ結線
結線解説
 基本的な結線は、三路スイッチ結線と同じです。
 三路スイッチ間に四路スイッチを入れることで、3箇所からのスイッチ操作が可能となります。
 四路スイッチを増やすことで、3箇所以上からのスイッチ操作も可能です。

 


 

片切りスイッチから四路スイッチ結線までご紹介しましたが
ご理解いただけたでしょうか?

 

こちらで紹介しているスイッチ結線は、基本中の基本の結線ですから、
しっかりと覚えておいてください。。。

 

電気工事には、必須の結線ですからね (^_−)−☆

 

ここで紹介した基本中の基本の結線を発展させた、
応用結線を下記ページにて紹介しています。

 

実践電気工事(基本的なスイッチ結線と応用)

 

出来る限り、解りやすくなるように心掛けて、
単線図複線図スイッチボックス内接続図
そして、動作確認用GIFアニメ画像などを使って、
視覚的に見られるようにしていますので、
そちらもご覧いただき、みなさんの参考にしてください。

 

現場の作業中でもすぐに確認できますから、
ぜひ日々の業務にも活用してくださいね(^_−)−☆

 

次は、電線接続に使用する材料と工具についてのお話です。

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

TOPに戻る

閲覧者様からのご意見・ご質問

実践 電気工事の管理人は、みなさま方の貴重なご意見を大切にし、
サイト運営の適正化を図る観点から、お寄せいただくメールに関しましては、
原則当HPにて公開させていただきますことをご了承ください。
尚、非公開希望の場合は、メール末尾に非公開とお書きください。

 

今後とも、サイト内容の充実を図ってまいますので、
お気付きの点や、掲載内容の不備等ございましたら、
下記メールフォームよりお知らせください。
実践 電気工事メールフォームメールはこちらから

 

管理人一人ではなく、閲覧いただいているみなさまと共に、
より良いサイトにしていきたいと考えておりますので
ブログのコメント感覚でお気軽にみなさまもご参加ください。


結線に関するご質問

 

2016/07/07
【 お名前 】:○○様
【 お問い合せ内容 】
実践電気工事(基本的なスイッチ結線)での結線についてお聞きしたいのですが、
スリーブの場合、コネクタの場合が混合されて結線されてますが、
何故ですか?
全てコネクタでの結束ではだめですか?教えてください。宜しくお願いします。

 

 

<返信 2013/07/09>
【 送信者名 】:実践電気工事管理人
【件名】:ご質問の件
【本文】:
○○さんメールありがとうございました。

 

ご質問の件ですが、
電気工事士技能試験では、ほぼ全て電源に関しては、
リングスリーブにて圧着するように指示されていますので、
当サイトでの、結線図もこれに習って表示しております。

 

電気工事としては、
コネクタの許容電流量以下での使用なら、
問題ありません。

 

ただ、安全面を考えれば、
やはりリングスリーブでの圧着結線をおすすめいたします。

 

お返事が遅くなり申し訳ございませんでした。

 

また何かあれば、ご質問ください。

 

 

 

2013/09/14
【 お名前 】:○○様
【 お問い合せ内容 】
はじめまして。
ネットで色々と検索していたところ、こちらに辿り着きました。
私は、現在、第二種電気工事士の資格しかもっておりません。
資格だけで、実務経験はほとんどありません。
今の会社には2年ほど前に入りました。
保守管理がメインですが、たまに施工も行います。

 

一つのプレートに片切りスイッチとコンセントがあり、
スイッチの入り切りで、コンセントをオン、オフするように結線したいのですが、
電源からくるVVF2ミリ2心を使用しなければならないのですが、
上のスイッチに黒と白をそのまま結線し、
スイッチからコンセントに一本ずつ二本のわたり線で結線しました。
なぜ短絡するのか、どのように結線したらいいのか、教えていただけないでしょうか。
ど素人で本や、ネットで調べていますが、答えが分かりません。
お忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします。

 

 

<返信 2013/09/17>
【 送信者名 】:実践電気工事管理人
【件名】:ご質問の件
【本文】:
○○様
ご質問ありがとうございます。

 

一つのスイッチボックスに片切りスイッチとコンセントを設置し、
片切りスイッチでコンセントを「ON:OFF」するのでしたら、

 

AC100V(L)側を片切りスイッチに入れる。
AC100V(N)側をコンセントの(W)側に入れる。
J卆擇螢好ぅ奪舛諒卻からコンセントの片方に渡りを入れる。

 

これで、片切りスイッチでコンセントを「ON:OFF」することが出来ます。
ちなみに、下記ページに同じような結線を紹介していますので、
そちらで確認してみてください。

 

⇒⇒⇒実践電気工事 片切とコンセントの混合結線(4

 

返答が遅れましてすみませんm(_ _)m

 

 

<Re返信 2013/09/18>
ご回答頂き、ありがとうございました。
また分からないことがあれば、質問させていただくくことがあるかもしれませんが、
よろしくお願いいたします。

 

 

<ReRe返信 2013/09/20>
○○様
お返事ありがとうございます。
○○様のご質問に対するお答えになったでしょうか?
考え方としては、普通の片切りスイッチの結線と同じですので、
第二種電気工事士試験の際に、お勉強なさった内容を思い出していただければ
何の問題もないと思います。

 

○○様のご質問をHPに掲載させていただきたいのですが、
ご了承いただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

 

 

<ReReRe返信 ご承諾 2013/09/21>
○○です。ご回答頂けたおかげで、無事に施工完了しました。
ありがとうございました。
私のように、同じ疑問も持っている方のお役に立てばと思いますので、
掲載していただいても構いません。
これからも、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
TADA-Counter