実践 電気工事|接続コネクタ

スポンサーリンク

実践電気工事(接続コネクタ)WAGO

結線に必要な材料と工具

 

実践電気工事(結線)で紹介したスイッチ結線はご理解いただけましたか。

 

日本中、いや、世界中どこの建物でも、ご紹介したスイッチ結線が行われ、
そのおかげで、便利な生活が送れているのですから、
やはり、電気工事士の仕事の重要性とその責任の重さを実感します。

 

でも、逆の観点から考えれば、
電気工事を習得すれば、世界中どこでも電気工事が出来るとゆうことですから
このグローバル社会の中でも、ニーズが多いことは容易に想像がつきますね^^

 

でも、しっかりとした技術が伴わなければ、
反面、非常に危険なことだとゆうことですから、
しっかりとした技術と知識を身に付けることはきわめて重要です。

 

そこで、ここでは、電源接続作業時に用いる材料と工具についてお話してみたいと思います。

 

電線接続材料

 

電気工事の現場での電線接続作業の重要性は、
みなさん認識なさっていると思います。

 

その重要な電線接続作業に用いる接続材料にも、いろいろなものがあります。

 

現在、行われている電気工事の現場では、
接続コネクターでの接続が主流です。

 

この接続コネクターは、各メーカーからいろいろなものが販売されていますし、
ホームセンターなどでも販売されていますので
一般の方でも目にされたことがあると思います。

 

接続本数に応じて選定して電線を差し込めば、
それで電線接続が完了しますのでとっても簡単になりました。

 

電気工事の材料卸を行っている会社でよく取り扱っているのが、
WAGOコネクターと呼ばれるものです。

 

ワゴコネクタ

ワゴコネクタ

ワゴコネクタ

ワゴコネクタ

ワゴコネクタ

ワゴコネクタ

 

 

ご覧いただいてわかりますように、
2本〜8本接続用までありますから、これでほとんど接続可能だと思います。

 

しかし、この便利な接続コネクターも、使い方や接続方法を間違うと、
重大な欠陥や事故につながることがありますから、注意が必要です。

 

接続コネクター使用時には、指定された長さに電線被覆を剥き、確実に接続しなくてはなりません。
この電線被覆を短く剥くと、接続不良の原因となりますし
逆に剥きすぎると、短絡(ショート)などの事故の原因となる場合もあります。

 

また、接続があまいと、接触不良を起こし、
発熱や最悪の場合には、発火に至り、火災の原因ともなりかねません。

 

使用方法、注意事項は、下記リンクでご確認ください。

 

http://www.wago.co.jp/corporate/pdf/howto.pdf

 

 

そのほか、単線とより線を同時に結線する場合には、
下の接続コネクターが便利です。

 

wago(ワゴ)WFシリーズ

wago(ワゴ)WFシリーズ

φ0.65mm〜φ2.0mmまでの単線と0.08m屐4m屬里茲蠕を
工具を使用せずに結線できますので、
より線と単線が混在するような回路での接続が容易に出来、
尚且つ、接続を変更する場合にも、簡単に行えますから、
作業効率UPにもつながります。

 

 

今回ご紹介したもののほかにも、さまざまな接続コネクタがありますので、
作業内容に応じて適時選択して、最善の作業を行ってください。

 

電線接続も容易に出来る材料が出ていますが
無資格者が行うことは、電気工事士法等の関連法令違反となりますので
一般の方は、行わないでください。

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

TOPに戻る

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
TADA-Counter
ケアプロスト