実践 電気工事|ボールグリップ活用法

スポンサーリンク

ボールグリップの便利な使い方

ボールグリップで作業効率アップ!

 

電気工事を行っていると、さまざまなシーンがありますよね。

 

木造住宅の配線作業から、RCや鉄骨などの建物での配線作業から
埋設配管、露出配管など、工事方法によって用いる工具も変わってきます。

 

でも、使う頻度が低いのに、
一々作業車から多くの工具を持ち出すのは、大変ですし、
後片付けのことを考えると、嫌になりませんか(>_<;)

 

できることなら、少ない工具で、効率よく作業をすすめたいものですよね。

 

そんなときに、今回紹介する方法を使ってみてください。
少しは、持込工具の数を減らせて、効率よく作業できると思いますよ^^

あると便利なボールグリップ

 

みなさんボールグリップってご存知ですよね。

 

ボールグリップと言って、思い浮かぶのは、
ドライバーではないでしょうか?

 

握り部分が丸くなったドライバーを見かけると思いますが
あの握り部分がボールグリップです。

 

しかし、ここで紹介するボールグリップは、
先端部分を差替えることができる、握り部分だけのものです。

 

まずは、写真をご覧ください。

 

 

写真で解るように、握り部分と先端ビットが別々になっていて、
先端部分を差替えることで、
いろいろなサイズのビスに対応できるようになっています。

 

極端な使い方をすれば、
これさえ持っていれば、プラス、マイナスのドライバーは必要ありません。

 

プラス、マイナスの先端ビットを持っていれば、
これ一つで、作業できるとゆうことですから、
腰道具の軽量化も図れますよね^^

 

これだけでも、十分価値はあると思いますが、
私は、少し違った使い方をしています。

 

RCや鉄骨などの現場で、配線作業を行うとき、
スラブなどにアンカーを打込んで、寸切ボルトを取り付け、
そこに、配線用フックなどを取付けて、配線作業を行うことはよくあることです。
しかし、寸切ボルトがしっかり取付けられていなければ、
作業の途中で、抜け落ちることも考えられますよね。

 

そんな時、寸切ボルトをしっかり固定する必要がありますが、
一々、寸切回しを取りに行くのも・・・ですし、
充電ドライバー用の物しか無かったら、
それだけのために、充電ドライバーも持ってこなくてはなりません。

 

腰道具に、ペンインパクトなどをつけているのであれば、
それで対応することができるでしょうが、
配線作業の時には、ペンインパクトなど必要ありませんから、
作業車の中に、置いておくのが一般的ですから、
持っている人のほうが少ないのでは、ないでしょうか?

 

ここまで言えば、聡明なみなさんならお解かりですよね。

 

そんな時、私は、ボールグリップの先端工具を
寸切り回しに取替えて、持つようにしています。

 

ボールグリップ

 

こうして持っておけば、いつでも簡単に寸切りボルトを締めることができますし
小さいものですから、腰袋に収まるので、携帯にも便利ですよ^^

 

このほかに、ソケットレンチなどに交換して、
ナットの締付けなどにも活用できるので、
作業効率もアップしますから、
無駄に脚立や立馬などから下りる必要もありませんので、
その分、疲れも軽減できると思います。

 

17mmのナットだったら、電工ハンマーのソケットで
締付けなどができますが、
中には、13mmや10mmなどのナットが使用されていることもありますから
作業に応じて、腰袋にそれらのソケットレンチを入れておけば、
簡単に作業することができるので、
多くのスパナやモンキーレンチなどを持つ必要もなくなり
腰道具も少しは軽くなると思いますよ^^

 

何より、サッと取出して、
先端工具を取替えて、いろいろな作業がこなせますから、
一つ持っておくと、とっても便利なものですから、
みなさんにもおすすめしておきます。

 

これも、私が日々の電気工事の中で思いついた使い方ですから
みなさんの現場作業の役に立つと思いますよ^^

 

電気工事に必要な工具をお探しならこちらをご覧ください。

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

 

TOPに戻る

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
TADA-Counter
ケアプロスト