実践 エアコン先行配管(仕込み工事)

サイト内の画像の多くは、アフィリエイトリンクになっています。
この表記は、景品表示法の通称ステマ規制に基づいて記載しています。

エアコンの先行配管工事方法

エアコン工事の中でも、少し難易度の高いのが、
新築物件やリフォームの際に行う
エアコンの先行配管(仕込み)』 工事です。

 

エアコンの先行配管(仕込み)工事での利点は、
新築の壁に後から、貫通穴を開けることが無いので、
建物に傷をつけることが無く、予定通りの仕上げができる点です。

 

それだけに、当初の打ち合わせが大切で、
施工にも、それなりの知識が必要となるので、
こちらで、その施工方法を勉強してくださいね(^_-)-☆

エアコン先行配管(仕込み)の方法

エアコンの先行配管工事を電気工事士の中では、
仕込み』と呼びます。

 

この呼び方は、何もエアコンの先行配管だけでなく、
一般的な、配管工事などにおける、
配管ルートの確保のための、アンカー打ちや、
寸切りボルトなどの施工の際にも用いられます。

 

本来の目的の工事を行うための先行工事のことを
総じて『仕込み』と呼ぶことが多いのです。

 

ですから、エアコンにおいても、先行配管のことを
「エアコンの仕込をする」 などと言うことが多いのです。

 

実際に仕込み配管を行ったものを見てください。

 

エアコン先行配管工事(仕込み)1

 

エアコンの先行配管は、写真でもわかるように壁や天井が出来上がる前に行います。
この現場は、室内をリフォームするため、エアコンの位置を変更する必要があったのですが、
取り付け位置が無く、新しく作る壁に取り付けることになったのですが、
ドレン勾配が取れないため、隠蔽配管にて、取り付けるように提案させていただきました。

 

冷媒管は、天井内から壁に取り出し、
ドレン配管は、壁内を立ち下げ、土間に配管して、屋外に出すようにしています。

 

こうすることで、室内には、冷媒管もドレンも見えることなく、
スッキリと収まります^^

 

冷媒管やドレン配管を取り出す位置は、室内機の左側から取り出します。
こうすることで、最終に室内機を取り付ける際の配管スペースを確保することができます。

 

通常の取付であれば、冷媒管やドレンは、
室内機の右側にある貫通穴から屋外に出して接続しますが、
隠蔽配管の場合、屋外で接続する作業を全て、室内で行うことになるので、
配管を接続し、収めるスペースを確保するために
室内機裏の配管スペースを利用します。

 

冷媒管は、左抜き施工と同じようにすれば、いいのですが、
ドレンに関しては、左抜きのようには、いきません。
通常の左抜き配管の場合、
ドレンホースを左側に付け変えて、取り付けますが、
隠蔽配管の場合、ドレン管との接続位置が、壁内になるので、
通常の方法では、接続できないから、
ドレンホースは右側のまま取付け、冷媒管と同じように、
室内機裏のスペースで接続します。

 

そのため、ドレン配管もそれに対応した配管をしておく必要があります。
ご存知のように、ドレン水が流れると、温度差によって結露が発生します。
ですから、温度差を無くすため、ドレン管には、保温材を巻いておきます。
エアコン先行配管工事(仕込み)2
この写真でわかるようにドレン管は、壁内から土間に出て、そのまま屋外へと出ていて
土間の横引き部分に対して、保温材を巻いてあります。
写真の場合、ドレン管に使用しているのはVP20で
室内機への接続部分は、通常のドレンホースを使用しています。
エアコン先行配管工事(仕込み)3
なぜ、途中からドレンホースにしてあるのかというと、
少し長めにドレンホースを切り、VP管に突っ込んでおくことで、
室内機取付け時に、接続部分の調整ができるので、
より簡単に接続することができるからです。

 

ここまでが、先行配管の方法ですが、
みなさんご理解いただけましたか?

 

室内の工事が進み、壁などができてくると、
下の写真のような感じになります。

 

エアコン先行配管工事(仕込み)4

 

大工さんには、切り込みなどで手間をかけることになりますが、
このような取付をせざるおえない場合もあるので、
知識として知っておくと施工の幅が広がると思います。

 

これで、クロス屋さんがクロス(壁紙)を貼って壁が仕上がれば、
室内機を取り付けて完成となります。

 

紹介した方法では、通常のドレンホースを使用していましたが、
この場合、室内機裏の部分には、保温処理が必要となります。
この処理が面倒な場合は、予め断熱ドレンを使用する方法もあります。
そのためには、VP管との接続部分に
VP管ジョイントが必要となるので、注意してください。

 

VP管ジョイントΦ14
VP管ジョイントΦ14 接続詳細図

 

ここで紹介した仕込みでの取付の場合、室内機接続位置は、室内機裏になるので、接続作業時は、室内機を浮かせて作業スペースを確保する必要があります。
その時に便利なものがあるので紹介しておきます。

エアウェッジ

エアーインフレーター200埖弍 2個セット

 

これを使えば、室内機を簡単に浮かせることが出来るので、作業スペースの確保が容易に出来ます。

この商品本来の使用目的は違うのですが、私はルームエアコンの左抜き取付けの時に利用しています。

 

エアコン工事に必要な工具をお探しならこちらをご覧ください。

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 




(実践 電気工事)は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


TOPに戻る