実践電気工事(腰道具)

スポンサーリンク

電気工事を始める前の準備(腰道具)

 

電気工事士として、建築現場で電気工事を行う前に、
最低限揃えておかなくてはならないものがあります。

 

電気工事にはさまざまな工具や道具が必要となりますが
一番必要なのは、なんと言っても『腰道具』でしょう。

 

工事現場などで、目にする事も多いと思いますが、
各種業者さんそれぞれに、最低限必要なものを
腰ベルトにぶら下げて歩いているのを見かけると思います。

 

電気工事士も、電気工事を行う上で最低限必要なものを
腰ベルトに取り付け、『腰道具』として身につけています。

 

ここでは、その『腰道具』に必要なものを紹介いたします。
それでは、早速ご覧ください。

電気工事士の必需品

柱上安全帯

【ジェフコム 幅広立体サポートメッシュタイプ】

柱上安全帯ベルトは腰道具とするための根幹です。
幅広サポートタイプを紹介しているのは、腰への負担を少しでも軽減できるからです。

 

【フルハーネス型安全帯】

フルハーネス型安全帯義務化に伴い必要となました。
ダブルランヤード仕様ならどんな現場でも対応できます。


腰袋

【ニックス腰袋】

スケールやその他の小物を入れたりするのに用いる物ですが、あまり安いものを選ぶとすぐに底に穴があいて、中のものが落ちる危険があるので、よく考えて永く使えるものを選びましょう。


ペンチ・ニッパー

【ペンチ 強力タイプ220mm】

紹介しているのは、クラインのペンチです。
このペンチは、錆に強く、雨などに濡れてもさほど錆ず、非常に使いやすいペンチです。
とは言っても、錆びないわけじゃないのでお手入れは万全にしてください。

 

【クニペックス 強力型斜ニッパー】

クニペックスの硬線用ニッパは、刃がとても丈夫で、
番線程度なら何の問題も無く切ることができます。
銅線なら、尚更簡単なのは想像できますよね。

 

【ペンチサック 4丁吊り】

ペンチとニッパーを納め、さらにドライバーも収納できるものです。
軽くて型崩れしにくいのでとても使いやすいものです。
価格も安いですからおすすめです。


ドライバー

【安全 貫通ドライバー(+)】

 

【安全 貫通ドライバー(−) 】

電気工事士が多く使ってる、プロ用ドライバーになります。
錆びたネジをハンマーで叩きながら廻すことも想定した実用的なドライバーで、絶縁も完璧なので安心して使えます。

 

【ドライバーサック】

ドライバーサックも紹介しましたが、先に紹介した4丁吊りなら必要ありません。

 


電工ハンマー

【電工ソケットハンマー】

名称通り、電気工事プロ用ハンマーです。
台尻部分は、3分ナット用のソケットレンチになっていますから、
3分ナットの締め付けもできますので、作業効率も上がります。
このタイプは、ハンガーレールなどの隙間でも差し込めるので、
電気工事士の方には絶対おすすめです。

 

【ハンマーダブルフッカー】

電工ハンマーを吊り下げ、さらにラチェットレンチなどを吊り下げる事もできます。


電工ナイフ

【電工ナイフ】

電工ナイフは電線被覆を剥がすだけでなく、コンパネ等の開口の時にハンマーでガンガン叩くことも多いので、電工ナイフがおすすめです。


小型水平器

【ポケレベル】

ポケレベルですが、水平垂直を確認するのは勿論、このポケレベルの大きさは、スイッチボックス(1個用)の大きさなので、この水平器の大きさで罫書いて開口する事で、キッチリとした開口が行えます。


 

腰道具』の内容を紹介しましたが、電気工事の内容により使用する工具も異なるので、腰道具に取付けるものも変わってきますので、作業内容に合わせてチョイスするようにしてください。

 

いずれにしても第一の目的は、安全作業と作業の効率化ですから、自分自身が使いやすくすることが一番です。
参考までに私の腰道具を掲載しておきます。

 

電気工事士の腰道具

 

かなり使い込んで少々汚れてますが私にとっては、身体に馴染みとっても使いやすいんです。
(^_^

 

電気工事に使う工具をお探しならこちらをご覧ください。

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

 

TOPに戻る