スポンサーリンク

Jw_cad 補助線と複線の使い方

Jw_cad 補助線と複線の使い方

前回からJw_cadを使って電気図面の作成を始めましたが、電気図面作成のための図面枠が出来上がったところで今回から本格的に図面作成に取り掛かりたいと思いますのでみなさんもしっかり練習して、見やすく、きれいな電気図面を描きあげてください。

それでは、電気図面を作成するための元となる、建物全体図を描いていきましょう。

建物全体図を描く

建物全体図を描いていきますが、ここでは簡単な建物を描いて電気図面を描こうと思ってますので、作図の基本的なやり方だけを覚えていただければいいと思います。

 

あとは、実際の建物に合わせて描いていただければ、すぐに現場で使える電気図面ができるので、頑張ってください。

 

まずは図面枠を出してください。

 

今回は、仮に10.000×5.000(弌砲侶物を描いてみたいと思います。
そのために、Jw_cadの便利な機能を利用して作図していきます。

 

それでは始めましょう(^o^)/

 

補助線を描こう

まず最初に、線属性画面を表示して、線種を『補助線種』色を『補助線色』に変更してください。
出来たら、ツールバーの【中心線】をJww_cadクリックし、中心線を描けるようにしてください。

◆◇◆ メニューバーから始めるとき
作図(D)】⇒⇒⇒【中心線(I)】と進めてください。

 

そしてカーソルを右でも左でもいいですから、図面枠の線に合わせJww_cadクリックしてください。

 

このとき、左下のステータスバーの表示が
1番目の線・円をマウス(L)で、読取点をマウス(R)で指示してください。
と表示されてます。

 

そしてJww_cadクリックすると
2番目の線・円をマウス(L)で、読取点をマウス(R)で指示してください。
に変わるので、指示に従ってポインターを反対側の図面枠に移動させてJww_cadクリックします。

 

するとステータスバーの表示が
始点を指示してください」に変わるので、指示に従って始点にポインターを移動させてJww_cadクリックします。

 

次のステータスバーの指示は
終点を指示してください」に変わるので、指示にしたがって終点でJww_cadクリックすると
左右の図面枠の中心に補助線が描かれます。
これと同様に、上下も中心の補助線を描いておきましょう。

 

中心線の描き方(アニメ)

 

手順通りに進めるとアニメのように縦の中心線が引けます。
指示線を上下に変えて行うと横方向の中心線も描くことができるので、必然的に両線が交わるところが作図範囲の中心点になります。
中心線の描き方

 

複線を描こう

次は、複線の描き方です。

 

まずは、この補助線を基本に建物全体図を描きますが、先に描いた補助線で出した中心を基準にして描いていきます。

 

そこで複線タブを使って建物の外壁基準線を描きます。
まず最初に、ツールバーの【複線】タブをJww_cadクリックして複線を描く準備をします。

◆◇◆ メニューバーから始めるとき
編集(E)】⇒⇒⇒【複線(F)】と進めてください。

次に、線属性を 「線色1」 「一点鎖1」 「基本線10」 とします。
これで、複線を描く準備が整いましたので、早速、複線を描いていきましょう。
これは私がいつも使ってる設定ですので、ほかの設定でもかまいません。

 

縦横どちらでもいいのですが、まず縦の複線を描きますので縦の補助線をJww_cadクリックして縦の複線を描くようにします。

 

このとき、左上コントロールバーの赤枠で囲った「複線間隔」の入力欄に「5000」と入力すると補助線から5000个琉銘屬吠線が描かれます。

 

複線の使い方(アニメ)

 

これで中心の補助線から5000間隔の複線が描けました。
同様の作業を右、上、下と行えば、建物の外壁基準線が出来上がります^^

 

建物外壁基準線

 

これで、建物の外壁部分を描く準備が出来ました。
次回で外壁部分を描いてみみましょう。(^-^)/

 

またまた、便利な機能をご紹介しますので、ドンドンJww_cadを使うのが楽しくなると思いますのでみなさんも頑張ってくださいね。

 


第二種電気工事士
PDF形式ファイルを見るには、Adobe Acrobat Readeが必要。
取得していない方は、上記アイコンをクリックし、ダウンロード(無償)してください。

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

 

TOPに戻る