実践 電気工事|電圧降下の計算に(電圧降下君)

スポンサーリンク

電圧降下の計算を簡単に(電圧降下君)

電圧降下の計算もこれさえあれば簡単

電気工事の設計や現場作業の中でも、
電圧降下の計算は、比較的よく行う計算だと思いますが、
一々計算するのは、面倒なものですよね┐( ̄ヘ ̄)┌

 

計算が終わったら、今度は、電圧降下を考慮して、
それに見合った、ケーブルの選定をしなくてはなりませんが、
これも、CV、CVT、SV・・・などいろいろなケーブルの中から選び、
何 sq のケーブルにするか考えるだけでも大変ですよね。

 

そんなときには、ここで紹介するアプリを使ってみてください。

 

電圧降下の計算や、ケーブルの選定が、馬鹿みたいに簡単に出来ますから^^

電圧降下を簡単に計算するアプリ

 

電気工事では、配線するケーブルの種類や距離によって
電圧降下が起こることは、避けられませんよね。

 

ケーブルが細く、距離が長いほど、末端での電圧降下率は、高くなり、
太く、短いほど、電圧降下率が低くなるのは、みなさんご存知ですよね。

 

だからと言って、必要以上に大きなケーブルを使うことも出来ませんし、
仮に使えたとしても、無駄な経費になりますから、
限られた工事費用の中では、事実上無理な話ですから、
厳密に電圧降下を計算して、最適なケーブルを選択しなくてはなりません。

 

でも、電圧降下の計算も面倒ですよね(>_<;)

 

しかし、電圧降下の計算をしっかり行わないと、
思わぬケーブルの発熱や発火などの事故原因となりますし、
このような事故に至らないまでも、電圧が下がりすぎて、
接続されている機器が使用不能になる事だって、考えられますから
やっぱり、おろそかにすることは、出来ません。

 

みなさんは、電圧降下の計算を行うとき、どのようになさっていますか?

 

筆算ですか? 関数電卓を使ってですか?


いずれも、大変ですよね(>_<;)

 

 

以前は、私も関数電卓などを使って計算していましたが、
はっきり言って、大変でした。

 

 

 

でも最近は、まったく苦になりませ〜ん(^-^*)

 

その秘密は、簡単に電圧降下率を計算して、
最適なケーブルを選定することが出来る、
アプリを使っているからなんです。

 

その便利なアプリの名前は、『電圧降下君』 と言います。

 

その名の通り、電圧降下率を計算するアプリです。

 

いたって、シンプルなアプリですが、
これを使い出してから、電圧降下の計算も速くなりましたし、
設計段階でのケーブルの選定も簡単になり、
作業効率は、数倍よくなって、残業することもなくなりました^^

 

実際の『電圧降下君』を起動したものが、下の画像です。

 

電圧降下君

 

いたって、シンプルなものですが、本当に便利なんですよ。
使い方も簡単ですから、ダウンロードすれば、誰だってすぐに使えます。

 

その使い方ですが、
まず、左上の「電源供給状態」を選びます。

  • 電気事業者から低圧で供給を受けている(低圧受電)
  • 電気使用場内の変圧器から供給を受けている(高圧受電)

いずれかを選択する。

 

次に、「回路の電気方式」を選びます。

  • 単相2線式
  • 単相3線式
  • 三相3線式

いずれかを選択し、右横の供給電圧を設定します。

 

次に、「使用点電圧の目標」を設定します。

※この際、前に設定した供給電圧より低く設定してください。
  供給電圧と同じだと、電圧降下率“ゼロ”ということになりますから
  ケーブルの選定などが出来ません。

 

次に、右側の「配線長」と「使用電流」を設定して、
「電線サイズ算出(G)」をクリックすると

  • 電線サイズ
  • 使用点電圧
  • 可能電圧降下

が、算出されます。

 

仮に、

  • 低圧受電 単相3線式、105V
  • 使用点電圧 100V
  • 配線長 50m
  • 使用電流 10A

で計算すると、下の画像のようになります。

 

電圧降下君

 

どうですか。

 

これなら、筆算や電卓を使わなくても、
簡単に電圧降下の計算が出来て、
使用できるケーブルのサイズもすぐに、わかりますよね^^

 

この『電圧降下君』を使ってみようと思った方は、
下のリンクから、ダウンロードしてください。

 

電圧降下君ダウンロードサイト

 

これで、面倒な電圧降下の計算から開放されますよ^^

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

 

TOPに戻る

電圧降下の計算に(電圧降下君)関連ページ

電線管サイズ選定を簡単に
電設資材カタログ一覧サイト

スポンサーリンク


実践 電気工事 電気工事士総合案内 電気工事業者登録 エアコン工事 電気図面作成 電気工事の基礎 saitemap
ケアプロスト