Jw_cad 消去の使い方(1

スポンサーリンク

Jw_cad 不要線消去の仕方 その1

Jw_cadを使った作図練習も徐々に進んできましたが、今回は電気図面や他の図面、案内図、地図などを作成中に、間違ってしまった時に行う消去の仕方についてお話いたします。

これをマスターしておかなければ、本来消去しなくてもよかったところまで消去して、折角描いた電気図面などが台無しになるのを防ぐためにも是非覚えていただきたいのです。

ある意味、非常に重要なテクニックだと言えるでしょう。

Jw_cadで不用線を消去

電気図面や他の図面を作成中に、不用な線や図形が出てくるときがあります。

 

そんな時、この消去の仕方がわからずに、

 

間違って消去してしまった (>_<;)」

 

なんてことにならないように、基本的な消去の仕方を練習しておきましょう。

 

それでは、早速。
前回描いた図形を基に、消去の仕方を練習しましょう。

 

下の画像が前回描いた図形でしたね。

 

消去の練習

 

これを基にまずは、三角形の部分だけを残すように、無駄な線を消去してみましょう。
まずは、左ツールバーの下のほうに赤枠で囲んだ【消去】と書かれたコマンドをJww_cadクリックするか、メニューバーの【編集(E)】⇒⇒⇒【消去(D)】と進めて消去の準備を整えてください。

 

 

準備が整ったら下のステータスバーに消去の指示が表示されますので、画像のように不用な線の上にポインターを乗せてJww_cadクリッ クして、不用線を画像のように反転(色を変える)させてください。

 

消去の練習

 

すると、下のステータスバーに次の指示 「線部分消し 始点指示」 と出ますので、この指示に従って消去を始める始点を指示します。

 

このとき、前回練習した『点読み取り機能』を利用して、簡単に始点を指示します。
この『点読み取り機能』覚えていますよね。

 

それでは、実際にやってみましょう。

 

部分消去の使い方

 

交差点にマークされ、それと共にステータスバーの指示も変わっています。

 

次に線の外側にポインターを移動させJww_cadクリッ クすると画像のように不用線が消去されます。

 

部分消去の使い方

 

いかがですか、きれいに不用線が消去されていますね^^

 

この作業を横の不用線にも行えば画像のように三角形だけを残すことができます。

 

部分消去の使い方

 

今回は、消去の仕方を練習しましたが、この消去は作図作業の中で頻繁に用いますので必ず覚えてください。

 

次は、別の消去の仕方を練習してみたいと思いますので、次もしっかり覚えてください。

 


第二種電気工事士 PDF形式ファイルを見るには、Adobe Acrobat Readeが必要。 取得していない方は、上記アイコンをクリックし、ダウンロード(無償)してください。

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

 

TOPに戻る