スポンサーリンク

Jw_cadで描く電気設備系統図

Jw_cadで電気設備系統図描きます。

電気の配置図が出来ましたが前回話したように、配置図作成までに、施主様や建築会社、設計事務所などとのさまざまな打合せを経て電気の配置図は完成します。

という事は、実際の建築現場で電気工事を行う上で、いかに事前打ち合わせが大切なのか理解できますね。

これは電気工事のみならず、いかなる業種でも同じだと思います。

ですから、配置図の作成も大切な作業だと肝に銘じてください。

おっと!
前置きが長くなり過ぎたので、早速電気設備の系統図を描いていきましょう。

電気設備の系統図作成

電気図面の中では先の配置図も大切ですが、建築現場の電気工事において、これから描く配線系統図は最も重要だといえるでしょう。
各回路を全ての電気関係者に伝える大切なものですから、綿密な容量計算や各相の振り分けなどを考慮して描かなくてはなりません。

 

でもここでは、Jw_cadを使っての系統図の作成方法を学ぶのが目的ですから、容量計算や各相の振り分けなどあまり考えずに進めていきます。
それでは、前に作成した電気設備配置図を開いてください。

 

電気設備配置図

 

このまま、配線系統図を描いてもいいのですが、配線系統が重なって描きあがったとき大変見難い図面になってしまうので、各系統図ごとに描いていきます。

 

まず、照明回路を描いてみましょう。

 

一番簡単な描き方は、スイッチから直線で照明器具を結ぶ方法です。
操作手順をアニメにまとめたものを見てください。

 

照明系統図(アニメ)

 

この方法は、最初の頃に紹介した直線を引くのと同じ方法ですので今更解説する事もないですよね。

 

見ての通り、いつも見慣れた電気設備の叩き台となる図面です。
これで、照明器具のスイッチ系統が完成しましたので、次は回路系統図を描いてみたいと思います。

 


第二種電気工事士
PDF形式ファイルを見るには、Adobe Acrobat Readeが必要。
取得していない方は、上記アイコンをクリックし、ダウンロード(無償)してください。

 

電気工事に使う工具

スポンサーリンク

 

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

 

TOPに戻る