スポンサーリンク

実践電気工事 パイロットの常時点灯結線

実践電気工事 パイロットの常時点灯結線(片切)

パイロットランプと片切スイッチを使った結線の
1回目は、パイロットランプの常時点灯結線の練習です。

 

パイロットランプ常時点灯結線の使用方法としては、
電源の通電状態の確認や、
暗所でのスイッチの位置確認などが考えられます。

 

このことから、工場内での個別作業台などへの
電源供給の確認などへの活用が考えられます。

各結線ページへのリンク

片切スイッチとパイロットランプの常時点灯結線

 

パイロットランプを常時点灯させるためには、
パイロットランプに100V電源を常に供給しておく必要があります。
ここまで説明すれば、もうお解かりですよね^^

 

それでは、まず単線図で確認してください。

 

パイロット常時点灯結線図(9-1

 

実に単純な単線図ですね^^
ジョイント部分の結線も、いたってシンプルです。
この単線図を読み解いて、複線図を描いてみてください。

 

パイロット常時点灯結線図(9-2

 

複線図から読み解く片切とパイロットランプ併用結線の手順
  1. 100V電源の非接地側(黒)電線とパイロットランプからの黒電線を接続する。
  2. 100V電源の接地側(白)電線を負荷とパイロットランプの白電線に接続する。
  3. 負荷の黒電線と片切スイッチからの赤電線を接続する。
  4. パイロットランプから片切スイッチにわたり線を接続し結線を完成させる。

 

ボックス内片切スイッチとパイロットランプの接続図

パイロット常時点灯結線図(9-3

 

こうして完成した片切スイッチとパイロットランプの点滅状態が下のGIF写真アニメになります。

 

パイロット常時点灯結線図(9-3

 

パイロットランプと片切スイッチを併用した結線ですが、
常時点灯状態とするのですから、
いわば、コンセントに電気を供給するのと同じことですから、
何も悩むことは、ないですよね^^

 

これまでに練習してきたものを思い出せば、
こんな結線ぐらい、もうチョチョイのチョイで、できちゃいますよね^^

 

 

電気工事に使う工具

各結線ページへのリンク

各結線のページでは、
単線図複線図ボックス内接続図動作確認GIFアニメ画像などを掲載し、
視覚的に、見られるようにしてありますので、
ストレス無く、結線の練習に活用していただけると思いますが、
みなさんから、より解りやすくなるようなご提案がありましたら、
メールフォームより教えていただければ、改善の努力をさせていただきますので、
みなさんのご意見をお聞かせくださいm(_ _)m

 

内容は、下記にて確認してください。

 

基本的なスイッチ結線(応用編)

片切結線図(1 3路結線図(1 4路結線図(1 片切とコンセント結線図(1
(1) (2) (3) (4)
片切スイッチ結線 3路スイッチ結線 4路スイッチ結線 片切とコンセント結線
片切とコンセント結線図(2 片切とコンセント結線図(3 片切とコンセント結線図(4 片切とコンセント結線図(5
(5) (6) (7) (8)
片切とコンセント結線 片切とコンセント結線 片切とコンセント結線 片切とコンセント結線

 

実践電気工事 パイロットランプ結線(片切編)

パイロット異時点滅結線図(11-5

パイロット異時点滅結線図(11-5

パイロット異時点滅結線図(11-5

(9) (10) (11)
パイロットの常時点灯結線 パイロットの同時点滅結線 パイロットの異時点滅結線

 

実践電気工事 パイロットランプ結線(3路編)

3路パイロット常時点灯

3路パイロット同時点滅

3路パイロットの異時点滅

(12) (13) (14)
3路とパイロットの常時点灯結線 3路とパイロットの同時点滅結線 3路とパイロットの異時点滅結線

 

実践電気工事 パイロットランプ結線(切替SW基本編)

切替スイッチとPLの異時点滅結線21-

切替スイッチの『ON,OFF』操作結線

切替スイッチの『ON,OFF』PL付操作結線

(15) (16) (17)
切替スイッチの基礎的結線 切替スイッチの『ON,OFF』 操作結線 切替スイッチのパイロットランプ付結線

切替スイッチのパイロット同時点滅結線

切替スイッチのパイロット異時点滅結線

切替スイッチの同時点滅結線(2)

切替スイッチの異時点滅結線(2)

(18) (19) (20) (21)
切替スイッチのパイロットランプ付結線(同時) 切替スイッチのパイロットランプ付結線(異時) 切替スイッチのパイロットランプ付結線(同時2) 切替スイッチのパイロットランプ付結線(異時2)

スポンサーリンク

 

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

 

TOPに戻る