スイッチとコンセントの結線 (2
電気工事の現場でもよく使われる、スイッチとコンセントの混在した結線を練習しましょう。

スイッチとコンセントの結線 (2

実際の電気工事の現場でも頻繁に行わなくてはならないスイッチとコンセントの混在する結線練習の2回目です。

 

前項では、片切スイッチとコンセントを別々に取付ける結線でしたが、今回は同一スイッチボックスに取付ける時の結線です。

 

この取付け方法も洗面所などで用いられたりすることが多く、実際の電気工事の現場でもよく用いられるものなので、簡単なものですが結線方法を確認しつつ、確実に行えるようにしてください。

片切とコンセントの混合結線(2

片切スイッチとコンセントを同一ボックスに取付けるための結線も電気工事の現場では、よく見かける結線なので、この程度の結線に時間を費やしている場合では、ないので見ただけで簡単にできるようになってもらわなければ困ります。

 

それでは、まず単線図で確認してください。

 

片切スイッチとコンセントが混在する単線図です。

 

片切スイッチとコンセントの混在する結線と称していますが、冷静に見ればコンセントの電路と片切スイッチの電路は、まったくの別物だということは簡単に見て取れます。

 

冷静に観察すれば、どんなに複雑な結線も一つ一つの電路形成であることが解るので、それさえ理解できれば後はそれを一つ一つ潰していけばいいだけなので、
簡単に結線を完成させることができます。

 

このことをふまえて、下の複線図をご覧ください。

 

片切スイッチとコンセントが混在する複線図です。

 

複線図から読み解く片切とコンセントの混合結線の手順
  1. 100V電源の非接地側(黒)電線と片切スイッチの黒電線を接続する。
  2. 100V電源の接地側(白)電線を負荷(R)の白電線とコンセントの白電線に接続する。
  3. 負荷(R)の黒電線と片切スイッチからの赤電線を接続し、結線を完成させる。

 

ボックス内片切スイッチとコンセントの接続図

片切スイッチとコンセントが混在するスイッチボックス内結線図です。

 

 

こうして完成した片切スイッチとコンセントの点滅状態が下のGIF写真アニメになります。

 

片切スイッチとコンセントが混在する動作確認用GIFアニメです。

 

このページの片切スイッチとコンセントの結線は前回のものと違い、同一のスイッチボックス内に収めていました。
このとき100V電源の非接地側をスイッチとコンセントに共通として使用するのがポイントで、この考え方は、いろんなな場面で用いるので、しっかり覚えておくようにしてください。

 

電気工事に使う工具