高圧ケーブル工事技術検定試験

スポンサーリンク

電気工事を日々なさっているみなさんならご存知だと思いますが、供給されている電気にも、一般的な100V、200Vといった低圧電気から、6.600Vの高圧電気、それ以上の特別高圧など、送電する距離や建物での電気使用量によって、供給される電圧が異なります。

 

一般的な低圧電気であれば、第一種、もしくは第二種電気工事士免状を取得すれば、取扱うことができますが、自家用電気工作物を取扱う場合は、多くの場合6.600V高圧受電となるため、高圧電気取扱いの資格が必要となります。

 

6.600Vの高圧受電設備の取扱いを誤ると作業者の負傷や時には、生命を脅かすような重大事故を招きかねません。

 

また、その処理方法が適正に行われなければ、電気的事故を引き起こし、地域停電などの波及事故に至ることも考えられるため、そのための資格が設けられているのです。

 

こちらでは、高圧ケーブルの端末処理に必要な資格を紹介しておきますので、高圧受電設備を取扱われる方は、受講するようにしてください。

新規高圧ケーブル工事技術検定試験・講習会

高圧ケーブル工事技術検定は、2日間に渡って行われます。

 

受講資格
  • 第1種電気工事士免状取得者

 

講習

 

(1日目)

  • 講義(3時間20分)
  • ケーブル終端接続実習(3時間40分)

(2日目)

  • ケーブル終端接続実習(3時間)
  • ケーブル終端接続検定試験 他(4時間)

手動油圧圧着機(JIS C 9711規格)を持参する。
圧着機がない場合は、申込み時にその旨をお知らせる。

 

更新高圧ケーブル工事技術検定試験・講習会

高圧ケーブル工事技術検定をすでに取得している方は、5年毎に更新試験・講習を受ける必要があります。

 

講習

◆講習時間・・・9:30 〜 17:00

 

◆講習内容

  • 講義・終端接続ビデオ研修 ・JCAAのK1301作業手順紹介
  • 実技講習・試験

 

原則として、5年毎に更新案内が送付されるが、住所変更、勤務先変更等の場合には、更新案内が送付されない場合がある。

 

住所もしくは、勤務先の変更があった場合には、受講講習機関に連絡する。

 

問合わせ

 

(一般社団法人)日本電気協会各地区支部ホームページにて高圧ケーブル工事検定試験をご確認ください。

※各支部で講習・検定試験実施日が異なりますのでご注意ください。

 

 

電気工事に使う工具

 

端末処理に便利な高圧ケーブルストリッパーもあります。

スポンサーリンク

 

 

何かお探し物がありましたら、
こちらのサーチボックスに『キーワード』を入力してお探しください。

 


TOPに戻る